〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Latest Entries

雀対策

2016/09/03

田№20 - コピー
今年の稲は、例年より半月以上も早くしっかりと稔り頭をたれています。
そのことに気がつかないのでしょうか、雀はまだあまり群れていませんが、それでも油断はできません。
完全無農薬・有機栽培で大勢のボランティアさんが手間暇かけて育てた美味しいお米です。
加減して食べてくださいね!雀さん!!
恒例案山子まつりの人気投票が9月24日~10月23日に実施されます。毎年千人以上の方が投票します。
1位~3位の案山子の表彰式は11月23日の収穫祭(恒例)で行います。
どの案山子も素晴らしい出来栄えで、雨の日も嵐の日も田んぼに立ち続けてお米を守ります。
お疲れ様です。感謝!!

ガガイモの花の神秘に驚嘆!

2016/08/13


とても人気のあるガガイモの花と実ですが、この花に隠された受粉の神秘性には驚きです。
私にはどのように説明すればよいのかも分かりませんので、興味のある方は是非ネット検索を。
至る所で発芽して、蔓を伸ばしているのはよく見かけるのですが、蔓性であること、花は
スズメバチが大好物であること等から殆どが刈り取ることになってしまいます。
今年はまだスズメバチに気付かれていないため、どっさり咲いていますが・・・・。
色々工夫して、花からあの実になる過程を一度は見てみたいものです。
 

キツネノカミソリ

2016/08/13


斜面に沢山咲いているのですが、間近でも見ることができるように小谷戸の里の植え込みにも
植えています。アマナ、シュンラン、エビネ、チゴユリ、ホウチャクソウ、ヤクシソウ他沢山の種と
共存しています。
今年は、とても色鮮やかに咲いています。

田んぼ植物生物多様性

2016/08/07


田植えの後のたんぼには、稲の他にもミズニラ・キクモ・オモダカ・ヘラオモダカ・ミズオオバコ等が所狭しと
育っています。
稲のためには好ましくないかもしれませんが、農薬を使用しないため、水生生物も多様で
谷戸の田んぼも生物の賑わいたけなわです。

大賀蓮  

2016/07/30


やっと梅雨が明けた29日。久しぶりのすっきりと青空に映える大賀ハス。既に何個も咲きましたが
まだまだ次々と蕾が出ています。
古代には日本の至る所に咲いたのでしょう。しかし、あまりの繁殖力の強さに、稲作にも
大きな影響が心配され、徐々に消えてしまったのでしょうか。
日常食するレンコンとは違い、根は細く(レンコンと同じように穴も開いています)、
食べられなくはないのですが・・・・・・・。
と言う理由で、今は窮屈な箱入り状態です。