FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Latest Entries

自然観察会①

2019/06/26

自然観察会1
6月26日(水)
近隣の南舞岡小学校の4年生が自然観察会に訪れました。
舞岡公園開園以来、公園をフィールドに年間通した観察会を実施しています。
第1回目の今日は、小谷戸の里エリアの生きもの観察と、
生きものの姿形から人間が学び利用しているものの観察を行いました。
「ハスの葉が水を弾くのはなぜ?」「オナモミの実はどうしてくっつくの?」等々、手触りを確かめたり
虫めがねをのぞいたりして考えていました。
子ども達の「へえ~~~!!」の表情がまぶしかったです。

リョウブのお客様

2019/06/25

リョウブのお客様
6月25日(水)
貴重な梅雨の晴れ間となった今日。リョウブには朝からたくさんのお客様が・・・。
アオスジアゲハ(左)にトラフシジミ(右)、ハチも数種類。
大人気です!

田の草取り

2019/06/23

草取り
6月23日(月)
梅雨空の下、青いバケツを持って田の中に屈み込むみなさん。
田んぼの中に生えてくる草を取っています。
舞岡公園の米作りは、完全無農薬・有機栽培。田の草や生き物も豊富に出てきます。
写真右上はイネの周りにびっしり生えたコナギ。
花はかわいいのですが、これが茂ると養分を取られてしまいます。
各田んぼで、ボランティアさんが最低2回、手作業で取り除きます。
写真右下は、草取りが終わってすっきりした田んぼです。

ハンゲショウ(半夏生)

2019/06/22

半夏生
6月22日(土)
今日は夏至(一年で昼が一番長い日)です。
古民家の裏庭で、一昨日まで緑色だったハンゲショウの葉に今日、白い譜が入っていました。
夏至から数えて11日目(7月2日ごろ)を七十二候で半夏生と言い、
その頃に上部の葉が半分白くなって、白い花が咲くので、ハンゲショウ(半夏生・半化粧)と名付けられたそうです。

トモエソウ

2019/06/21


6月21日(金)
写真は、トモエソウの花と実。
五弁の花びらが卍のような渦巻き模様になってなっている(巴形)ことから名づけられたそうです。
一日に一つずつ順番に咲いては、どんどん実になっていく変化がおもしろい。
縞模様のつやのある実は、その姿を長く楽しめます。