fc2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Latest Entries

水田雑草

2022/09/30

水田雑草
9月30日(金)
稲刈りを目前に控えた田んぼの稲の間をのぞいてみると可愛らしい花が見えます。
写真は、代表的な水田雑草。オモダカ(左)とコナギ(右)です。
田んぼ体験の中で「草取り」といえば、主にこの2種類が対象ですが、
目こぼしにあった株が成長して開花までこぎつけました。
これらは繁殖力が強い上に成長が早く、イネに影を作ったり養分を取ったりする強者。
来年に向けて、せめて種をこぼさせない対応が必要です。

ナツアカネの産卵

2022/09/29

ナツアカネ産卵
9月29日(木)
田んぼでナツアカネの産卵が始まりました。
田んぼで生まれて幼少期を過ごしたナツアカネは夏の間を近くの雑木林などで過ごし、
産卵のために戻ってきます。
そして、雄雌がペアになって空中で刈取り前の稲の上に無数の卵を落とします。
産卵は晴れた日の午前中に行われることが多いそうですが、
曇り空の今日も1枚の田んぼに4~5組のカップルが飛んでいました。

竹細工~竹ひごの花器作り~

2022/09/25

竹の花器
9月25日(日)
久しぶりの秋晴れ。気持ちのよい風が吹く古民家の庭で竹細工イベントを行いました。
作るのは、竹ひごを編んで作る花器。
昔ながらの編込みの技は慣れるまでは少し難しかったようですが、
皆様、作品の出来栄えに満足された様子でした。
<参加者の声>
  ・とても難しかったです。また自分で復習しようと思います。
  ・難しかったけれど丁寧に教えていただいてありがたかったです。
  ・素晴らしい作品ができました。
  ・自然の中でとても気持ちのよい時間を過ごせて楽しかったです。また来たいです!

オオヒヨドリバナ

2022/09/24

ヒヨドリバナ
9月24日(土)
園路や田んぼの水路際に1mぐらいの高さでたくさん咲いている白い花。
オオヒヨドリバナです。
名の由来は、「ヒヨドリが鳴くころに咲くから」だそうですが、う~ん…今一つ説得力がないような。
地味ですが、蜜源として大切な花です。
つい先日まで「ヒヨドリバナ」と呼んでいましたが、
神奈川県に自生しているのは「オオヒヨドリバナ」なのだそうです。

キツリフネ

2022/09/22

キツリフネ
9月22日(木)
古民家の裏庭にキツリフネの花がたくさん咲いています。
葉の下から細長い花序が伸び、その先に黄色い花がゆらゆら。
後ろにとんがった袋の中に蜜が入っていて、時々マルハナバチがもぐりこんでいます。
花は可憐ですが、熟した実が弾けて種を飛ばす勢いはホウセンカに似てなかなかのものです。

Appendix

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム