〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

2016/12/18

RIMG4259 (2)
程よく育った大根が、この寒さで良く干しあがりました。発芽時の虫取りや草取りに精を出した皆さんが
収穫の喜びを噛みしめながら、漬け込みをします。
七草の頃には良いお味に・・・・・・・。

氷の花びら

2016/12/18


この冬一番の冷え込みの朝、こんな氷の繊細な花びらの花が咲きました。
シモバシラと言う植物とそれに付くシモバシラ現象は何度か見たことはあるのですが・・・・・・・・。
これは、その植物ではありません!  しかし、どう見てもそのシモバシラ現象そのものです!
う少し枝を長く残しておけば良かった。
朝8時過ぎには消えてしまいますが、冬の楽しみがまた一つ増えました。

 

稲穂に異変が!

2016/10/02


稲刈り前の立っている稲穂がこんな状態になるなんて・・・・・・。園内の田んぼでは三十数年来初めてです。
7月・8月が以上に暑く稲も瞬く間にぐんぐん伸びて、8月下旬には刈り時を迎えたのですが、よもや
9月の天候がこのような雨続きになろうとは・・・・・・。と言うよりも既にいろいろやりくりして決めた日程のため
稲刈り日変更はとても難しい。加えて9月の高温多湿。この状態では最後の精米で普通の白米として残るのは
どのくらいになるか。今まで一生懸命汗した結果がこれでは悲しい!! 
でも心配してもどうにもなりません。何とか知恵と工夫で来年前半までの米の確保を思案中。

先人の知恵

2016/02/18


沢山の工程を経てやっと漉き体験。そして乾燥。

職人さんは一度に数百枚をどんどん重ね、今度はそれを極限まで絞り、一枚一枚はがして乾燥。
つなぎで使うトロロ葵は、糊ではないので乾燥してもくっつきません! 先人たちの知恵に感服!

職人さんのようにはできないのが体験学習。皆でわいわい言いながら楽しく、でもそれなりの出来栄えに
納得!可愛い押し花を漉き込んだ葉書も作って二日間の体験は終了。お疲れ様でした。

ありがとうございました

2016/02/18


2月16日、横浜市教育委員会(南部学校教育事務所)より 感謝状
「貴団体は永きにわたり学校と地域の連携・協力の活性化を図り地域全体で子どもを育む基盤
づくりに尽力されました よってその功績を讃え心より感謝の意を表します」 を頂きました。

この栄誉は、隣接する南舞岡小学校校長先生はじめ地域の皆様のご尽力、そして日々様々な体験活動受け入れに際し、
労をいとわず温かく楽しく対応されている、本当に多くのボランティアさんのご尽力の賜です。
あらあためて感謝申し上げます。

これは、当法人の目的の一つである「環境の保全・子どもの健全育成・社会教育の推進」をより充実させるべく、
あらためて肝に銘じる機会となりました。