FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ジャコウアゲハの蛹

2018/08/23

ジャコウアゲハ
8月23日(木)
ジャコウアゲハがウマノスズクサの葉をもりもり食べて順調に成長しています。
右下は、まだ体色が薄い小さな幼虫。右上はお腹いっぱい食べてそろそろ蛹になろうか・・・という
推定終齢の幼虫。
そして、左は、おそらく今朝蛹化したと思われます。
満腹になると蛹化にふさわしい所を探して相当歩くようで、ウマノスズクサとは離れた場所でも蛹が見つかることがあります。
この時期、植え込みの手入れは要注意です。

ほおずき

2018/08/13

ほおずき
ほおずき販売してます!
季節商品ですのでお早めにどうぞ~

ちょっと気になる花たち

2018/06/02

ひとつばはぎ
6月2日(土)
この時期に「咲いていますか?」とか「何という花ですか?」と、問われることの多い花です。
左は、ヒトツバハギ(一葉萩)。
マメ科の「萩」の仲間とは無縁のトウダイグサ科の花です。雌雄異株で、写真は雄花(実がならないので)。
比較的小さな葉の形態がハギの仲間の小葉に似ているので名付けられたとか。
園内には大きな雌木もあり、秋には実ができます。
雌木の周辺には実生の幼木もありますが、他所で見られるところが少ないのか、たまに問い合わせをいただきます。

右は、クロロウバイ(黒蝋梅)。
甘い香りのチョコレート色の花です。大正時代に日本に渡来した園芸種。
古民家の植え込みに一本だけ植えられています。

マユミの花と実

2018/05/25

まゆみ
5月25日(金)
左の写真は、10日ほど前に撮影したマユミの花。
マユミは秋から冬にかけて付けるたくさんの赤い実が鳥たちのごちそうになるのですが、
花は、小さくて薄緑色であまり目立ちません。
今朝は、実が、もうしっかりと四角張って膨らんでいました。
これからひと夏、陽射しをいっぱい浴びて熟していくのですね。

大雪の朝 その1

2018/01/23

古民家
1月23日(火)
昨日の大雪から一夜明けて快晴の朝を迎えました。
横浜市では4年ぶりに積雪が20cmを超えたとか。
小谷戸の里の定点観測ポイントでは、積雪24cmを記録しました。
1年間でたった一日(…と思いたい…)見ることのできる、雪化粧の古民家です。

古民家見学を予定していた3つの小学校のうち2校は残念ながら延期に。
でも、小雀小学校の3年生の皆さんは、靴をぬらしながら一生懸命歩いてきてくれました。
これもまた、めったにできない経験ということで、記憶に残ってくれたらうれしいです。