FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ホトトギス(杜鵑)

2019/10/08


10月8日(火)
ようやく季節が進んできたような朝晩の涼しさにほっとしているのは、植物も同じでしょうか。
ホトトギス(杜鵑)の花が咲き始めました。
花びらの模様が鳥のホトトギスの羽と似ていることが名前の由来。
晩夏から咲き始めていたヤマホトトギスを含め、小谷戸の里周辺では何種類かが咲きます。
白花はこの辺りでは少ないようです。

シロバナサクラタデ

2019/10/05

シロバナサクラタデ
10月5日(土)
長久保の里がシロバナサクラタデの群落になっています!
よく見かけるイヌタデなどよりも背が高く、花の形や色が桜の花に似ています。

秋の陽に映える白い花

2019/10/01

イヌショウマ
10月1日(火)
10月に入っても尚、秋らしい…というには気温の高過ぎる日が続いていますが、
例年より遅れながらも秋を象徴するかのような花々が咲き始めました。
左:イヌショウマ   中:フジバカマ(秋の七草)   右:ヒヨドリバナ

綿花

2019/09/30


9月30日(月)
古民家前の火鉢に5月に苗を植えた綿の実が弾けました。
葉は虫に好まれていつもボロボロ。
どれほど育つのか…と心配ししていましたが、オクラに似た花が咲き、緑色のしっかりした実が成り、
ここ数日次々と弾けて中から綿が出てきました(綿花)。
綿の中には種が包まれています。
今、花と実と綿花がそろって見られます。

ツリフネソウ

2019/09/29

ツリフネソウ
9月29日(日)
午前中に5グループの稲刈りと5グループの脱穀が予定されていたので雨が心配でしたが、
天気は徐々に回復し、無事に作業ができました。

古民家の裏庭ではツリフネソウ(写真下)とキツリフネ(写真上)がよく咲いています。
薄暗い湿地に明かりが灯っているような愛らしい形と色です。
どちらも種がホウセンカのように弾け飛んで増えるので、増えすぎないように気を付けています。