FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ノササゲ弾けました!

2018/12/04


12月4日(火)
いったい何月なのか!?と思う程、暖かい一日でした。
以前にブログアップした「ノササゲ」の実が弾けました。
ぷっくりした紫色の鞘の中には、濃藍色の種が入っていました。
鞘の反り返り方がテルテル坊主のようで可愛らしいです。

センボンヤリ春と秋

2018/11/21


11月21日(水)
日中は小春日和の気持ちのよい一日でしたが、夕方には冷え込んできました。
写真は、センボンヤリ(千本槍)。
春と秋の二度花を咲かせますが、その様相が全く違います。
右は、春。
白から赤紫色の小さなたんぽぽのような花が咲き、別名の「ムラサキタンポポ」は、ここからつけられました。
左は、今。
自家受粉する閉鎖花で、褐色の綿毛を槍先の飾りのように広げる様子が、名前の由来です。
千本槍らしいセンボンヤリが今、見頃です。

赤い実2種

2018/11/16

赤い実2
11月16日(金)
今年一番の寒さ…(これから、日々今年一番が更新されていくのでしょうね)…と言われた今日、
小谷戸の里は、近隣の南舞岡小学校の全校遠足で賑わいました。
縦割りグループでゲームをしながらウォークラリーをしたり、俳句を吟じたりと、舞岡公園を活用し尽くした様子。
高学年の児童が、下級生に優しく声をかける姿が印象的でした。

写真上は、ヒヨドリジョウゴの実と花。つやつやと輝くような実がきれい。ヒヨドリが好むと言われていますが、
意外といつまでも食べられずに残っています。
写真下は、カマツカの実と花。春にたくさんの花を見事に咲かせていたのに、塩害にさらされたためか
葉が傷み、実も少ないようで残念です。幹は、「鎌(カマ)の柄(ツカ)にするほど丈夫」なのだそうですが。

赤い実弾けた!

2018/11/14

赤い実
11月14日(水)
左はゴンズイ。
鮮やかな赤い実が弾けて黒い種が飛び出しました。
ゴンズイと言えば小魚の方が名が通っていますが、この木は魚のゴンズイ同様役に立たない・・・とのことから
命名されたそうです。(諸説ありますが)
気付いた時にはもうほとんど実は残っていませんでした。落ちたか、鳥が食べたか。
右は、マユミ。
花かと見間違うほどのかわいらしいピンク色の鞘が弾けて、赤い実が顔を出しました。
こちらはこれからが見頃です。

白い花2種

2018/11/13


11月13日(火)
小谷戸の里入口付近でよい香りがするなあ・・・と思ったら、一面のヒイラギの花が・・・。
金木星に似た甘い香りです。(左)
右は、ヤツデの花。まん丸い毬のようです。
どちらもあちらこちらで見かける木の花ですが、改めてよく見るとなかなか可愛らしい姿です。