〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

クロバネツリアブ

2017/08/08



砂利道のど真ん中で、お尻をこすっているような。
この昆虫の生態はまだまだ分からないことだらけ、とか。 砂にまぶした卵を産卵?
幼虫の姿はなかなかお目にかかれないとか。寄生性のアブらしいのですが・・・・・。
寄生される生物とこのアブの幼虫に出会いたい!  

2匹なのに頭が一つ?

2017/08/06

RIMG5035 (2)
スズバチとミカドトックリバチの取っ組み合い!
命がけの子孫繁栄!縄張り争いの様でも。

複雑怪奇な産卵

2017/08/06


7本目の足のように見えるのが、シリアゲコバチの産卵管。
この産卵管は不要時は背中にある細い鞘の中らしいのですが・・・・・・・。
普通に飛んでいるときは、おや?尻先が太く丸いけど・・・・・・。でも寄生バチの一種と確信する。
それにしてもこの産卵メカニズムの複雑怪奇さには驚かされました。

あれれ! この先どうなるの?

2017/08/03

ウマノスズクサと
ウマノスズクサが大好物のジャコウアゲハの幼虫。沢山孵化したのは良いけれど、太い蔓まで食べてしまう幼虫が数匹いると
その蔓の上方にいる幼虫達は、餌を絶たれてしまいます。
今年は、従妹はとこ兄弟合わせて数十匹の幼虫。引っ越した先のウマノスズクサまで丸坊主に!!
この生物はこの先どんな進化の道を辿るのでしょうか。

ケンポナシ は 里山の梨?

2017/08/03

RIMG5396 (2)
この鈴なりの実はケンポナシの実。今年は手が届きそうな高さまで、枝が長く広がり
行き帰りにいつも観察できます。
今までは、あの食べられる美味しいサンゴのような形の梨(?)は、どのような成長の
仕方なのかが分かりませんでしたが、謎が解けました。
今は、丸い実を繋ぐ枝のような果柄の部分が、緑色から徐々に黒っぽくなり、
やがて、かりんとうのような棒(数ミリ)状の甘い梨(?)になります。
熟すと落ちるので、それをアリなどに横取りされる前に拾っていただきます。