FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

アケビの花

2020/04/05


4月5日(日)
写真はアケビの花です。
左はミツバアケビ。右は5枚の葉が開くアケビ。
樹木にしっかり巻き付いてたくさんの花を咲かせています。
ひと際大きく開いている花が雌花で、たくさんの雄花からうまく受粉できると秋に大きな実がなります。

ツルカノコソウ

2020/04/01

ツルカノコソウ
4月1日(水)
雨の中で健気に咲く小さな花。
白い小花と薄いピンク色のつぼみが鹿の子模様に見えます。
蔓性ではありませんが、蔓を四方に伸ばしながら増えていきます。
小谷戸の里入口でひっそりと咲いています。

ヤマエンゴサク

2020/03/22

ヤマエンゴサク
3月22日(日)
4月下旬から5月初旬の気候・・・が続いているので、里山の風景がどんどん変わっていきます。
朝と夕方でも花の開き具合や草丈の伸びが目に見えて違います。
小谷戸の里でヤマエンゴサクが開花しました。
小さいながらさわやかな青紫色が目を惹きます。

キブシ

2020/03/18

キブシ
3月18日(水)
こちらも春初めの花、キブシ。
釣り鐘状の黄色い花がまるでかんざしのように連って咲きます。
花が終わると、緑色の丸い実の連なりがやはりかんざしの様。
この実の中に含まれるタンニンが染料(フシ)の代用となることから
キブシの名が付いたそうです。

フッキソウ

2020/03/17

フッキソウ
3月17日(火)
植え込みの地面近くで濃い緑色の葉を一年中広げているフッキソウ(富貴草)に
小さな花が咲き始めました。
日陰でもよく育つことから繁栄を祝うおめでたい名が付いています。
地味ですが、まとまって咲いてくるとそれなりの見ごたえがあります。
(まだ、少ししか咲いていませんが・・・)