〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

まい作品展~春~

2018/05/13

5月13日
5月13日(日)
雨が心配される梅雨の走りのような日曜日。
今日も谷戸はたくさんの来園者やボランティアさんでにぎわいました。
古民家前庭では春と秋の2回行われる恒例の「まい作品展」を開催。
舞岡公園を題材にした絵画や舞岡公園で撮影された写真、バードカービングなどが展示されました。
どなたでもご参加いただけますが、常連の皆様の作品はどれも素晴らしく、
腕前はもちろんですが、舞岡公園という素材のよさも改めて感じられる作品展でした。

一方、今日は田んぼ作業もたけなわ。
大人も子どもも泥んこになっての代掻きは圧巻です。

こども谷戸まつり2018’

2018/05/05

こども谷戸まつり
5月5日(土祝)
絶好のお祭り日和に恵まれたこどもの日!
小谷戸の里では、東日本大震災復興支援チャリティーイベント『こども谷戸まつり』が賑やかに行われました。
たくさんのボランティアスタッフさんが早朝から準備をしてくださり、谷戸餅、甘酒、野草茶、ポップコーンのはじかせ体験、
わら細工や竹細工、丸太切り、麦わら人形作り、昔遊びコーナーなど、舞岡公園ならではの手作りのコーナーを展開。
10:00の開始を待ちかねるようにご来場くださった方々に楽しんでいただきました。
11:00には恒例の子ども神輿にちびっこたちがたくさん参加して盛り上げてくれました。

〈ご来場者の声〉
 ・ここでしか味わえない活動に感動しました。なわないは魔法のようで子どもたちも大喜びしていました。
 ・コーナーがたくさんあり、子どもたちが喜んでいた。遊びが昔のことを大切にしていてよかった。
 ・子どもも大人も満足できる催しが多かった。こどもの日を大満足で過ごせました。
 ・各コーナー安価で参加しやすかった。

ご来園くださった皆様、イベントを支えてくださったボランティアの皆様、ありがとうございました。
本日の売上金並びに、ご寄付いただいた義援金は、被災地(今年は福島県)のこども育英基金に
送らせていただきます。

茶摘みと手もみ茶つくり体験

2018/05/03

茶摘み
5月3日(木祝)
今日は、農文化体験イベント「茶摘み体験」「茶摘みと手もみ茶つくり体験」が行われました。
朝までの強風と雨降りで、無事に開催できるのか心配しましたが、
イベント開始のころには日射しも出て気持ちのよい1日となりました。
「茶摘み体験」には、67名。「茶摘みと手もみ茶つくり体験」には27名が参加。
八十八夜の新茶をたくさん摘み、手もみ茶つくりを楽しんでいました。
古来から八十八夜に摘まれた新茶は不老長寿の縁起物とされていたとか。
皆様の健康につながればうれしいです。
〈参加者の声〉
 ・初めてのお茶摘みと手もみを体験でき、日頃より愛してやまないお茶が、より身近になりました。
 ・初めての経験でしたが、参加人数に比べて指導員、アシスタントの方が多く、フォローが手厚かったの
  で充実していたと感じました。大変だと思いますが活動を続けてください。
 ・無農薬であるためお茶の効能も確かで、安心して味わえる。
 ・青々とした木立、みずみずしいお茶畑、みなさんと和気あいあいの茶摘み。孫も娘もとてもリラック
  スして楽しそう。私も!ありがとうございました。

鳥笛とウグイスの競演!

2018/03/25

鳥笛イベント
3月25日(日) 
春爛漫の古民家の庭で竹細工「竹の鳥笛つくり」が行われ、17組29人がご参加くださいました。
鳥笛やしゃもじ、匙や靴べらなど、小刀を使っていろいろな作品つくりにチャレンジ。
素敵な作品ができ、小谷戸の里にかわいい鳥の音が響きました。
鳥笛の音に誘われたのか、今日は本物のウグイスもよく鳴き、
一時主園路そばの木に止まって(写真左下)、鳥笛と掛け合いを演じていました。
<イベント参加者の声>
 ・笛が上手にできてよかった。子どもも十分に楽しんでおり、よいイベントでした。
 ・普段なかなか作ることのできない物が作れて満足しています。スプーンを作ったのですが、
  子どもに毎日それを使わせてご飯を食べさせたいと思います。

春一番でしょうか?

2018/03/04

3月4日甘酒
3月4日(日) 午後2:00の気温 18℃

季節が1か月早まったようなぽかぽか陽気の中、今日もたくさんの方が公園を散策し、
小谷戸の里にも立ち寄ってくださいました。
甘酒茶屋では「冷やし甘酒」も用意し、正午ごろには完売。
谷戸「野草茶」もたくさんの方が試飲してくださり、
「さわやかで美味しかった。」
「体によさそう。香りが独特でよい。」
「渋み、甘味、どちらも感じました。お酒を飲んだ後に飲みたくなる味でした。」等々、
たくさんの感想を書いていただきました。

今回の試飲会は、谷戸の恵みである野草茶の味をご紹介し、
一緒に野草茶作りをしてくださる仲間を募りたいとボランティアさんが企画しました。
ご興味のある方、小谷戸の里にお電話ください。(045-824-0107)