〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

夏休み竹細工

2018/07/22

竹細工
7月22日(日)
古民家前庭で『夏休み竹細工~水鉄砲、竹のけん玉つくりと遊び~」イベントが行われました。
夏休み最初の日曜日とあって、34名の親子が参加。
農芸部会のスタッフのリードのもとで竹細工に取り組みました。
日頃は使う機会のない小刀や竹ナタ、竹のこぎりに、最初のうちは子どもたちはもちろん保護者の方も
「危ない~~」「気を付けて~~」と不安気でしたが、だんだんに慣れ、みんな上手に仕上げていました。
完成後は、暑さを吹き飛ばすほどの楽しさで遊んでいました。
〈参加者の声〉
 ・セミの声を聞きながら、親子で素晴らしいひとときを過ごしました。
  のこぎりも小刀も学校では使わせてもらえないのでとてもいい経験でした。
  先生方がとても親切で優しくてユーモアがあって、普段なかなか父親含む男の人と遊んでもらっていないので
  それも楽しかったです。
 ・多くのスタッフを配置していただき、子ども連れなので安心できると共に、待ち時間も短く子どもも飽きずに楽しめました。

じゃがいも収穫体験

2018/06/10


6月10日(日)
ちょっと涼しい曇り空のもと、畑では「じゃがいも収穫体験」が行われました。
2月末に畑ボランティアさんが植えたキタアカリの種イモが立派に育ち、
今日は、18人の親子が参加して、たくさんのじゃがいもを掘り出してくれました。
収穫のあとは、掘りたてを竃で蒸しあげたほかほかのふかしいもを試食。
「いい香り~」「美味しい!」と大好評でした。

このじゃがいもは、登録ボランティアさんの炊き出しや収穫祭で、
具だくさんのおいしい「谷戸鍋」の材料になります。

皆様、お疲れ様でした!


田植え体験イベント

2018/05/27

田植え
5月27日(日)
連日、谷戸は田んぼ日和。
今日は、一大イベント「田植え体験」が行われ、広報誌等を見て応募してくださった市民の方177名が、参加。
田んぼに入る前から素足の裏が痛いと涙目だったり、泥に足を取られて親子で尻餅をついてしまったりと
騒動もありましたが、昨年収穫したもち米で作ったおこわと共にめったにできない体験を楽しんでいただきました。
帰りに「家でも育ててみたい」と、苗を購入してくださる方もいました。
豊作になるとよいですね。
〈参加者の声〉
 ・田んぼがとても気持ちよかった。
 ・普段できない体験ができて満足しました。子どもは泥の感覚が楽しかったそうです。
 ・子どもに大好きなお米がどう作られるのか体験させられてとてもよかったです。
 ・初めてでしたが、スタッフの方がとてもやさしくわかりやすかった。4歳の娘も大喜びでした。
 ・よくプログラムが練られていてやりやすかった。おこわもおいしい。

まい作品展~春~

2018/05/13

5月13日
5月13日(日)
雨が心配される梅雨の走りのような日曜日。
今日も谷戸はたくさんの来園者やボランティアさんでにぎわいました。
古民家前庭では春と秋の2回行われる恒例の「まい作品展」を開催。
舞岡公園を題材にした絵画や舞岡公園で撮影された写真、バードカービングなどが展示されました。
どなたでもご参加いただけますが、常連の皆様の作品はどれも素晴らしく、
腕前はもちろんですが、舞岡公園という素材のよさも改めて感じられる作品展でした。

一方、今日は田んぼ作業もたけなわ。
大人も子どもも泥んこになっての代掻きは圧巻です。

こども谷戸まつり2018’

2018/05/05

こども谷戸まつり
5月5日(土祝)
絶好のお祭り日和に恵まれたこどもの日!
小谷戸の里では、東日本大震災復興支援チャリティーイベント『こども谷戸まつり』が賑やかに行われました。
たくさんのボランティアスタッフさんが早朝から準備をしてくださり、谷戸餅、甘酒、野草茶、ポップコーンのはじかせ体験、
わら細工や竹細工、丸太切り、麦わら人形作り、昔遊びコーナーなど、舞岡公園ならではの手作りのコーナーを展開。
10:00の開始を待ちかねるようにご来場くださった方々に楽しんでいただきました。
11:00には恒例の子ども神輿にちびっこたちがたくさん参加して盛り上げてくれました。

〈ご来場者の声〉
 ・ここでしか味わえない活動に感動しました。なわないは魔法のようで子どもたちも大喜びしていました。
 ・コーナーがたくさんあり、子どもたちが喜んでいた。遊びが昔のことを大切にしていてよかった。
 ・子どもも大人も満足できる催しが多かった。こどもの日を大満足で過ごせました。
 ・各コーナー安価で参加しやすかった。

ご来園くださった皆様、イベントを支えてくださったボランティアの皆様、ありがとうございました。
本日の売上金並びに、ご寄付いただいた義援金は、被災地(今年は福島県)のこども育英基金に
送らせていただきます。