〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

どうして?でも賢い!

2014/05/29

古民家障子桟下面に産み付けられた卵

古民家の障子の桟は毎日スタッフがはたきを掛けます。そのことを既に学習済なのでしょうか、この1mmにも満たない卵
の親は、毎日叩き落とされる危険を回避するために大切な卵を桟の下面に生んだ!!?  なんと素晴らしい!
親の愛の形は多様で、獅子は谷底へ突き落す!等理解が難しい現象もあるのですが、この生物も、ですね。
いったいどんな親なのでしょうか。そしてこの卵からはどんなが生物が出てくるのでしょうか。ワクワク。

なれの果て?

2014/05/29

なれの果て?

畑の横を散策の方が「ほら 大根のなれの果て!」とお仲間にご説明!
えっ!なれの果て? でも・・・・・・・。 種が無ければ野菜だって食べられないのですが・・・・。
これは春に見事な白い花を沢山咲かせて楽しませてくれた大根の種(実)なのですが・・・・・。
去年9月に種蒔きした大根は収穫祭や炊き出しに使いました。採種のため残した1本でしたが見事に実が付きました。
まもなく乾燥させて種を取り又9月に蒔きます。
出来るだけ自家採種を心掛け、里芋と薩摩芋は室で越冬させ、里芋は4月に植え付け、薩摩芋は3月に苗床を作り種芋を伏せ込み5月に苗を切り取り畑に植え付けます。
人参ももうすぐ花が咲き採種が楽しみです。


ヨツボシモンシデムシ

2014/05/27



ヨツボシモンシデムシ
たまに見かけていた虫ですが、今回調べてみたら、またまた不思議だらけ! ヘビ等の死体を餌にするということですが
その保存方法や子育て方法等、少しの無駄も無い理にかなった生態と合点してしまうのですが、それは長い間研究された
人々の努力があってこそ私たちも楽しむことが出来るのですね!  本当に感謝です。
飼ってみたくもあるし・・・・、目が離せなくなるのも・・・・・・・・。

茸にしか見えません

2014/05/27

名称未設定 1
どう見てもキノコにしか見えませんが、カイガラムシの仲間とのことです。
キノコが成長するように伸びて変化し、傘の部分もまるでキノコ!

白い部分に卵が入っている。まもなくここから幼虫がゾロゾロ出てくるらしいのですが・・・・・・。
生物の世界は人間も含めて本当に神秘的! もっと知りたいけど・・・・・。


2014/05/09

トキリマメ


今年からポップコーンと落花生の種蒔きをイベントにしました。広報期間が短かったこともあり期待した子どもたちの
参加が無く、スタッフが肩を落としていたら・・・・・。

たまたま来園したごお子様連れの家族にお誘いしたところ、喜んで参加してくださいました。小さな手で一粒一粒丁寧な
種蒔きに皆さん大感激でした。ありがとうございました。無事立派な実が付きますように。

収穫にも是非参加してくださいね!

お茶摘み体験

2014/05/09

名称未設定 1

青空に若葉そして鯉幟が泳ぐ小谷戸の里の5月3日の恒例イベント。事前申し込みの皆さんが、芽吹いたばかりの柔らかい
葉を摘んで自分で手もみして、薫り高い新茶を頂きます。
釜で炒っては揉んで、を繰り返して5回。やっとできたお茶は「美味しい!」にっこり笑顔に。

チャドクガが発生しても薬剤は使用しないで管理しています。気候によっては芽の出方が心配!

摘むだけコースも有り、持ち帰って天ぷらに、が人気の様です。


東日本大震災チャリティー

2014/05/09

こども谷戸まつり
こどもの日の恒例行事「こども谷戸まつり」は、2011年の大震災の年から、被災3県へのチャリティーとして行っています.
岩手、宮城、福島の順に今年は 岩手県の「いわての学び希望基金」(2順目)へ寄付します。
市民が1年間汗して収穫した完全無農薬もち米の谷戸餅や甘酒(糀を入れて手作り)、畑で栽培したポップコーンの弾かせ体験、丸太切り、縄ない、藁馬作り、竹の鳥笛作り、小谷戸の里の茶畑(無農薬、チャドクガは手作業で除去)で摘んだ手もみ新茶等々、450人ほどの皆さんに楽しんで頂きました。
絶品の谷戸餅、甘酒、新茶は大好評!!

「お茶を売ってほしい!」と何人かの方からのお申し出には、「毎年5月3日に茶摘みと手もみ体験を事前募集しますのでどうぞ」とお伝えしました。

今にも降り出しそうな雲行きに気をもみながらの子ども神輿、小さいこども達のワッショイ!ワッショイ!の掛け声に雨雲も我慢してくれたようでほっとしました。弾ける笑顔で一杯になった小谷戸の里でした。
毎回、この売上や募金等は全て送金させて頂いております。