〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

初めての藁草履です!

2015/05/20



女子学生が藁草履に挑戦!!  小谷戸屋製品の中でも大人気の藁草履ですが、ボランティアの方がせっせと作っては
小谷戸屋に並べてくださいます。
その大先輩に弟子入りし、最初に作ったのが足の向こうに揃えてあるものです。とても上手いです。
1・2回の手ほどきでここまでしっかり作れる人はあまり見たことがありません。この日は2足目に挑戦し、難なく完成させました。お見事!

食物連鎖

2015/05/14



お食事中失礼!
この季節生物達の食事状態を至る所で目にします。
このヤマカガシはシュレーゲルアオガエルを今まさに飲み込もうとしていたのでしょう。田んぼにはぷかぷかと綿菓子の様な
シュレーゲルアオガエルの卵が浮いています。
水を張った田んぼの中を悠然と泳ぐヘビを見て感激している方もいらっしゃいます。
もうすぐ田植えが始まり、一層カエルの合唱が賑やかになります。

こども谷戸まつり

2015/05/08

名称未設定 1

今年もお天気になった5月5日の「こども谷戸まつり」は、2011年3月11日の東日本大震災のチャリティーイベントとして5回目です。スタッフも殆どがボランテァです。義捐金は、岩手、宮城、福島の各県宛て順繰りに、被災児童のための基金にお届け
しています。

この日は子供向けの内容で、シュロ葉っぱでバッタやカタツムリを作ったり、木を切って焼印を押したり、わら馬を作ったり
神輿を担いだり、と賑やかなひと時です。
勿論谷戸餅や甘酒等大人の皆さんでも楽しんで頂きました。

茶摘み体験

2015/05/08

名称未設定 1

昨年のお茶の木の手入れがイマイチだったため、恒例お茶摘み体験ができるかと心配。
毎年チャドクガの被害も受けながら、摘みたて揉みたて新茶の美味しさを楽しんで頂くために、剪定や草取りなどの
手入をしています。
毎年人気の事業ですが、今年はちびっ子参加者が篭を背負って摘んでいました。茶葉のお持ち帰りBコースの
方なので、おうちに帰って手揉みしたり、天ぷらにしたりたくさんお楽しみ頂けたと思います。

舞岡公園古民家竣工20周年記念事業「20年時間壺掘り起し会」

2015/05/08

名称未設定 1

これは誰のかな? 紫色に変色していたのですが、何とか判読!
20年ぶりの再会で楽しい時間を過ごして頂きました。2035年掘り起し時間壺も公募で申し込んだ60組程の方がこの壺に
手紙などを入れました。
また20年後、どんな再会ドラマがあるのでしょうか。

想い出が壺から・・・・・・

2015/05/05



小谷戸の里に鯉幟が泳ぐ4月29日、20年前の古民家竣工記念の際に埋め込んだ時間壺(タイムカプセル)の掘り出しイベントを行いました。
当時小学5・6年生だった今の自分宛の手紙が、紫色に変色して出てきましたが読むことは出来ました。何人かは照れくさそうにその手紙を読んでくれました。
このイベントの準備は、昨年7月から谷戸学校1期生と20期生の合同実行委員会として始めました。
また、当時の小学生への連絡は個人情報保護法の壁に阻まれ、一時は断念か!とも。思いあぐねていた昨年9月頃、当時の担任の先生がひょっこり小谷戸の里へ。とは言え、担任だった生徒でも当時の情報は使えない!しかし、その先生は
現在でも連絡できる一人の生徒さんに連絡。そこから一本の糸に繋がり、他の先生にも連絡がつき、当日の参加者は20人。一般の参加者やそのご家族も含めて約80人が集まりました。
当時の行政関係者や業者などもお越し頂きとても賑やかなひと時となりました。
さらに20年後に向けても新たな時間壺を埋めます。公募の60組ほどが手紙などを入れました。
どんな掘り起しイベントになるでしょうか。楽しみですが・・・・・・。