〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

藁で作る草履

2015/08/30


藁そのものを触った事もない!マイ草履作りに挑戦!
熱心に家族で取り組む姿は微笑ましい!
指もしっかり使って履く草履は健康にも良いですね。

蕾ではありません

2015/08/18

名称未設定 1

右下のネギ坊主の様な物がやがて、まん丸で茶色の綿毛になり、やがて飛んでいきます。
不思議な生態のセンボンヤリ。国内では1種で仲間は無い植物とか。3月~4月に、白くて
可憐な花を咲かせ間もなく花茎は枯れます。そして8月になると・・・・・・。不思議!

ままこ? の 尻拭い?

2015/08/18



何とも可愛らしい花!
何処にでもあった、里山の代表的野草なのですが、その名前が・・・・・・・。今時の日常では、死語になりつつあるこの言葉。
命名された時代の社会状況を想像するに、胸が詰まるこの花の名前です・・・・・・・・・・。
でも、もしかして今でも形を変えてどこかで・・・・・・・。
どうしてこんな可愛い花なのに茎は全部棘だらけ!  これを丸めてプニョプニョすべすべのお尻を拭う?
想像するだけで絶句! これ以上書けません!

麦わらストローの虫かご?。

2015/08/16



懐かしい! と思われる方は、○○歳以上の方でしょうか? 
昭和の前半位まで、子供たちは夏になると様々な形の虫かごを手作りして、セミや蛍などを入れて楽しんでいました。
私も○○歳以上です。
今年は六条大麦がとてもよく育ちました。畑部会の皆さんの深い愛情で育まれ、刈取り、脱穀、選別、炒り、煎じ、冷蔵等の
様々な手作業を経て、混じりけのない美味しい!麦茶は、ボランティアの皆さんに提供され大好評!
土日には一度に100人分以上用意。汗だくの炎天下の作業の後には、冷えた公園産梅ジュースでほっ! と。
舞岡公園の里山・谷戸田・畑の景観維持と生物多様性は、毎月約1000人の市民の皆様により支えられています。
感謝!

とんぼ

2015/08/05



朝日にきらきら金色に輝くこのトンボ、赤いオスは良く見かけるのですが・・・・・・。
ショウジョウトンボと思われますが、♂♀どちらでしょうか。
見事な黄金色につい見とれてしまいました。

オオガハス

2015/08/05



本当に綺麗!  
今年は一時仮住まい中で、窮屈な大鍋の中なのに・・・・・・・。オオガハスの強さを再認識です。
米作り体験田んぼとしては深すぎる小さな一枚の田んぼに、15年程前に5本植えたところ、あっという間に増え続け、
地続きの芦原や隣の田んぼまで越境繁殖!  安住の場所を決めるまでと言うことで、今は大鍋と箱の中で我慢!
早く日当たりが良く、どこにも越境出来ない場所があれば・・・・・・。