〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

先人の知恵

2016/02/18


沢山の工程を経てやっと漉き体験。そして乾燥。

職人さんは一度に数百枚をどんどん重ね、今度はそれを極限まで絞り、一枚一枚はがして乾燥。
つなぎで使うトロロ葵は、糊ではないので乾燥してもくっつきません! 先人たちの知恵に感服!

職人さんのようにはできないのが体験学習。皆でわいわい言いながら楽しく、でもそれなりの出来栄えに
納得!可愛い押し花を漉き込んだ葉書も作って二日間の体験は終了。お疲れ様でした。

出来た!

2016/02/18



きれいにできました! 均等に掬い上げて・・・・・・・。  この後は乾燥です。
日本の和紙は、丈夫で色が落ちにくいと、ヨーロッパではとても評価されているとか。

叩いた楮の繊維

2016/02/18


石で叩いた楮の繊維です。細かなもの大きなもの様々ですが、用途により混ぜる比率等を工夫すると
手作りの風合いが出てより素敵になりました。
紙漉きに欠かせない「ネリ」は、トロロ葵から出る粘りのある液体ですが、寒さに弱く管理が難しい。
そこで足りない場合は、仲間の植物オクラを使います。

ありがとうございました

2016/02/18


2月16日、横浜市教育委員会(南部学校教育事務所)より 感謝状
「貴団体は永きにわたり学校と地域の連携・協力の活性化を図り地域全体で子どもを育む基盤
づくりに尽力されました よってその功績を讃え心より感謝の意を表します」 を頂きました。

この栄誉は、隣接する南舞岡小学校校長先生はじめ地域の皆様のご尽力、そして日々様々な体験活動受け入れに際し、
労をいとわず温かく楽しく対応されている、本当に多くのボランティアさんのご尽力の賜です。
あらあためて感謝申し上げます。

これは、当法人の目的の一つである「環境の保全・子どもの健全育成・社会教育の推進」をより充実させるべく、
あらためて肝に銘じる機会となりました。
 

 



雛飾り・福寿草

2016/02/14

ひな壇フクジュソウ
ひな祭りを来月に控え、古民家はもう春。
裏山ではフクジュソウがキラキラ。今年は梅の開花もずいぶん早い!
それなのにネコヤナギは・・・・・・・。 
どうしたのかしら?

縄文人現る?!

2016/02/14


様々な事情から、しばらく中止していた紙漉き体験。
あまり長くお休みしていると腕も鈍る!ということで、しばらくぶりの開催となりました。
何と言っても決め手は楮の繊維を細かにすることですが、風合いのためには切って細かにはできない。
煮る段階で、軽く引っ張ってもすぐちぎれる程度に柔らかくしてから叩きます。
今回は、あまり柔らかくない時点で叩きはじめてみました。その中で一番効率よく細かになったのは
この写真の様に石の上で石で叩くのが良いようでした。
まるで石器時代のようですね。
この後楮を深めの器に入れ、トロロ葵のエキスをかき混ぜて漉きます。
世界で1枚だけの和紙の出来上がり。簾を使う本格紙漉きですが・・・・・・。

こんにちわ!

2016/02/14



うん? 枯れ枝の欠片かな? えっ!動いた!
全ての生物は不思議の塊。 それにしてもこんな季節に、季節に合わせた見事な擬態!
小春日和の1月24日、陽気に誘われてちょっと日向ぼっこでしょうか。