〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ただ今曲芸中!

2017/06/09

ナシアシブトハバチ

派手な衣装を纏いポールダンス中のこの生物は、ナシアシブトハバチの幼虫。
顔は丸くてかわいらしいが、成虫の姿がこれまたびっくり!
スズメバチにそっくりなのです。虫たちの世界 って、もう・・・・・・・。

食物連鎖

2017/06/09



  ほほ―!正に谷戸の生物多様性と食物連鎖の現場!
  幼いナナフシモドキがアズチグモに・・・・・・・・。
  人間の顔にそっくりな蜘蛛! 
  今、谷戸はそこらじゅうに生物の幼体が沢山!! 前々回アップしたテントウムシの産卵も
  数日後には全く何も無し!  どんな虫のお腹に入ったのかな?・・・・・・。
  当たり前ではありますが、食物連鎖の厳しい現実ですね。

ん!? この身支度は?

2017/06/02

田植え説明

 5月28日午後、小谷戸の里広場では、公募による田植え体験の説明が行われました。
 赤ちゃんをだっこして、幼児の手を引いて、脛は腕カバーのような物を穿いています。
 今年で25回目ですが、このような身支度をお願いするようになったのは、ここ数年です。
 この谷戸で、米作り体験を始めて以来30年以上農薬を使用していないため、正に生物多様性です。
 園内至る所でその多様性を実感できるのですが、人間にとってはちょっと困る生物もいることから
 このようになりました。
 それでも、定員200人以上の申し込みがありました。
 全て手作業の米作りのため、沢山の方に参加していただくと、とても助かります。
 今年も、日照り干ばつ、豪雨、台風の被害のない豊作を願うばかりです。

ただ今産卵中

2017/06/02


ナミテントウが庭のケヤキの幹に産卵です。まとめてきちんと高さも揃えて生んでいます。
このまま無事に孵ることができると良いのですが・・・・・・・・。
数日後!あれ!やっぱり・・・・・・無い!
無事帰ったのか、何かに食べられたのか、本当に厳しい現実です。

仕立て屋さんのギンツバメ

2017/06/02


見事にデザインされた反物を、ここまで見事に仕立てることができる!!
縫い合わせは、4枚を3カ所で縫い合わせています?!
どのような進化の過程でこのような模様になったのでしょうか。