FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

古民家見学 その2

2017/11/29

古民家見学1

中村小学校の見学中、ボランティアさんが正月飾りに使う「菰(こも)」を編んでいました。
昔ながらのむしろを編む道具や方法を教わり、感心仕切りの様子でした。

古民家へようこそ その1

2017/11/29

古民家見学2

10月から来年2月にかけての平日、小谷戸の里の古民家が社会科見学の小学生で賑わいます。
3年生の社会科「みんなでさがそう昔のくらし」の学習で、昔の家や使っていた道具について学びに
来ています。
11月27日は、横浜市立中村小学校の皆さんが訪れました。
古民家の大きな茅葺き屋根や囲炉裏に興味津々。目を輝かせながらボランティアさんに質問したり
メモを取ったりしていました。

イイギリ

2017/11/28

イイギリ

昨日来園された方から「公園内にイイギリの木はありますか」とのお問い合わせをいただきました。
公園そばの道路が開通する前は、毎年沢山の赤い実を楽しみにしていたのに道路工事で切られてしまったのだと
思っておられたそうです。
同じ木かどうかは分かりませんが、主園路から大原谷戸池を挟んだ斜面に大木が一本確認できました。
和名の飯桐は、昔、葉で飯を包んだことに由るそうです。
生食もできるという赤い実をヒヨドリが食べに来ていました。

4~5月に咲く花は、小さいが香気があるとか。それも楽しみです。

わら細工「鍋敷き・リース作り」

2017/11/27

農芸鍋敷き

11月26日(日)小春日和の古民家前で、わら細工「鍋敷き・リース」作りイベントが行われました。
講師は、農芸部会のスタッフ。参加者は、広報等を見て応募してくださった12名。
舞岡公園の田んぼで収穫した藁を編み、時間はかかりましたが皆さん素敵な鍋敷きを完成させました。
参加者の感想から
 ・手こずった分、完成した喜びひとしお。作業中は夢中になり、時間が過ぎるのを忘れるほど楽しかった。
 ・とても実用的。毎日、テーブルの上で活躍してくれるのが楽しみ。
 ・ていねいな説明で楽しく完成させられた。

舞岡公園では、他にも昔ながらの農文化体験ができるイベントをいろいろ企画しています。
ご参加、お待ちしています。

紅葉、今盛りなり!

2017/11/26

紅葉

11月26日(日)のもみじ休憩所の様子です。
もみじの紅葉が今真っ盛り。小春日和のひと時を楽しみにいらっしゃいませんか。

舞岡公園収穫祭 その4

2017/11/26

案山子まつり

収穫祭イベントの一つとして、「案山子まつり」の投票結果の発表と表彰式が行われました。
進行役は、舞岡公園谷戸学校24期生のみなさんです。
来園者の皆様による投票を集計した結果、今年度の入賞案山子は次のように決まりました。
  第1位  「ひぎりん」  
  第2位  「シンシンwithベイビー」  
  第3位  「親子パンダ」   
おめでとうございます!
そして、沢山のご応募並びに投票への参加、ありがとうございました。
 

舞岡公園収穫祭 その3

2017/11/24

もち
毎年大人気の「餅つき」です。

舞岡公園収穫祭 その2

2017/11/24

パークフレンド
収穫祭恒例、子どもたちに人気の「まいおかフレンドパーク」
田んぼ足袋を使った「魚つりゲーム」です。

舞岡公園収穫祭 その1

2017/11/24

ピーナッツ
11月23日(木)舞岡公園の大イベント『収穫祭』が行われました。
前夜からの大雨が朝になってもやむ気配がなく、少々不安を感じながらの開催でしたが
例年よりは少ないとはいえ、多くの方にご来園いただきました。
そして、舞岡公園の田んぼで収穫したもち米を使っての餅つきや団子、
畑で収穫した野菜をふんだんに使った谷戸鍋や焼き芋、ピーナッツつかみ取り、ポップコーンはじかせ体験等を
楽しんでいただきました。

収穫祭の出し物はすべて、公園を支えてくださるボランティアさんの手作り。
今回も前日準備を含めて延べ140人以上のボランティアさんが参加してくださいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。



里山のルビー

2017/11/21



この時期、里山のあちこちで見られる赤い実の中でも一際輝いているのは
ガマズミの実です。今はまだ、酸味や渋みがありますが、寒さが強まり霜に当たると
甘くなります。野鳥たちに大人気の里山のルビーです。