〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

カワセミ

2018/01/31


1月31日(水) 午前7:00の気温-3℃  午後1時の気温5.6℃

ここ数日の中では随分暖かく感じた朝、園路際の池で出会ったカワセミです。
朝の陽ざしを受けて、文字通りエメラルド色に輝いていました。

報道によると、インフルエンザが猛威をふるっているとか。
社会科見学で来る予定だったのに学級閉鎖で来られなくなってしまった小学校が
何校かありました。残念…。

自然豊かな舞岡公園はインフルエンザ菌とは無縁。
元気になったら、来てくださいね。

春を待つ姿

2018/01/30


昨年の秋は、地面に落ちているドングリがいつにも増して多いとに感じていましたが、
いつの間にか土に馴染んで視界から消えていました。
しかし、今朝、何やら赤いものが落ちている…と近寄ってみると、落ちたドングリから芽が!!
根っこはしっかりと土にもぐり、もういつでも双葉を開く準備ができているようです。
季節は、確実に進んでいると生き物たちが教えてくれます。

ツグミ

2018/01/30

ツグミ
1月30日(火)
先週の寒さと比べると随分暖かく感じられますが、それでも最高気温は5℃です。
空を見上げるツグミの表情が心なしかのんびりしています。

わら細工「鶴・亀つくり」 その2

2018/01/28

鶴亀2
寒~い一日でしたが、午前中の亀作りと午後の鶴作りの両方に参加してくださった方が
3グループいらっしゃいました。
上手にできて大満足の笑顔です!

ご参加、ありがとうございました。

わら細工「鶴・亀作り」 その1

2018/01/28

1鶴亀
1月28日(日)
農芸イベントわら細工「亀・鶴作り」が行われました。
日射しが少なく、正午になっても気温は2℃という寒さの中でしたが、
午前中の「亀作り」には21名、午後の「鶴作り」には11名の方が参加してくださいました。

<参加者の声>
・稲わらでの亀作り、以前から作ってみたかったのでとても楽しかったです。亀は大切にします。
 寒かったけどまた来ます。
・立体的でしっかりかわいくできてうれしかったです。また、参加したいです。
・初めて作るところを見たので、何個も作ったら上手にできるかもしれないと思いました。
 家族で大きさのちがう亀さんができてよかったです。
・丁寧に指導していただけてよかったです。
・亀で苦労した分、鶴は簡単に思えてより楽しく、寒さも忘れてできました。

咲き誇るロウバイ

2018/01/28

蝋梅瓜
瓜久保の奥の蝋梅(ロウバイ)が、今満開です。
寒さの中だからこそ一層青空が美しく花の色も際立つのでしょうね。
香りも素晴らしいです。

極寒の朝 

2018/01/28

田んぼ氷
1月28日(日)朝8時30分の気温-2℃
雪の後のあまりの寒さのため…というわけでもないのでしょうが、
ブログの更新がしばらくできない状態が続いていました。
本日ようやく開通しました。
ここ数日は、数十年ぶりの寒波とか。
小谷戸の里も1月26日(金)に-7℃を記録しました。統計を取り始めて以来の最低気温だそうです。
真冬に水道管が凍るのは毎年のことで想定内ですが、
事前の対策にもかかわらず、トイレも屋外の流しも全て凍結。
給湯器のお湯も出ず、あちらこちらの解凍にひと騒動でした。

しかし、公園内の極寒の風景はめったに見られない美しさです。

雪の日の贈り物 その2

2018/01/24

カシラダカ
雪で埋まった湿地でせわしなく餌を探す野鳥たち。
カシラダカです。
寒さのためか、たくさん餌を見つけてうれしかったのか頭の毛を逆立てて
まさに「カシラダカ」でした。

雪の日の贈り物 その1

2018/01/24

飛翔痕
1月24日(水)午前7時30分の気温は-0.2℃。あまり下がらなかった…と思ったら、
日中の気温も上がらず、最高気温が3℃でした。

昨日、雪の中で見つけたおもしろいものをご紹介します。
何だと思いますか?
野鳥が雪の上に舞い降りたあと、飛び立とうと羽ばたいたときに付いた痕で、
「飛翔痕」というのだそうです。

野鳥の種類は何か、何のために舞い降りたのかはよく分かりませんが、
想像をかきたてられる美しい痕跡です。

大雪の朝  その2

2018/01/23

たんぼ
田んぼも畑も雑木林の山肌も真っ白。
何も動くものがないかのような静かな朝でした。
でも!雪の中には早朝から活動した野鳥たちの足跡があちらこちらに付いていました。
大雪を喜んでいるのでしょうか、戸惑っているのでしょうか。