〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

フッキソウ(富貴草)

2018/03/31

フッキソウ
3月31日(土)
今日もたくさんの方が谷戸の春を楽しんでいらっしゃいました。
写真左は、小谷戸の里入口に咲く枝垂桜。
今まさに満開で華やかに咲き誇っています。

ふと足元に目を向けると、ここにもかわいい花が。
フッキソウ(富貴草)です。一年中濃い緑葉が茂る様子が繁栄を祝う意味を表しているということで
縁起のよい名前が付けられたそうです。
穂の下の部分が雌花、上の部分が雄花です。
いつ見ても同じような葉の状態なので、いつ、どんな花が咲くのか楽しみにしていました。
春の花です!

桜情報③

2018/03/30

桜情報③
3月30日(金)
暖かい日が続き、谷戸は桜の里となっております!
上 の写真は、田んぼ畦道からの風景。下の写真は、「おおなばの丘」です。
ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、枝垂桜、それぞれが少しずつ色を違え、
美しさを競っています。

週末も天気はよさそうです。ぜひ、お花見にいらしてください。

鳥笛とウグイスの競演!

2018/03/25

鳥笛イベント
3月25日(日) 
春爛漫の古民家の庭で竹細工「竹の鳥笛つくり」が行われ、17組29人がご参加くださいました。
鳥笛やしゃもじ、匙や靴べらなど、小刀を使っていろいろな作品つくりにチャレンジ。
素敵な作品ができ、小谷戸の里にかわいい鳥の音が響きました。
鳥笛の音に誘われたのか、今日は本物のウグイスもよく鳴き、
一時主園路そばの木に止まって(写真左下)、鳥笛と掛け合いを演じていました。
<イベント参加者の声>
 ・笛が上手にできてよかった。子どもも十分に楽しんでおり、よいイベントでした。
 ・普段なかなか作ることのできない物が作れて満足しています。スプーンを作ったのですが、
  子どもに毎日それを使わせてご飯を食べさせたいと思います。

桜開花情報②

2018/03/25

桜情報②
3月25日(日)
朝から快晴。
古民家前では「竹細工:竹の鳥笛作り」イベントが行われています。
写真は、今朝の「ばらの丸の丘」。ソメイヨシノは八分咲きです。

桜開花情報①

2018/03/24

桜情報1
3月24日(土)
舞岡公園の桜も大分開いてきました。三分咲きというところでしょうか。
左は「ばらの丸の丘」のソメイヨシノ、右は「おおなばの丘」のオオシマザクラです。
穏やかに晴れて暖かい一日となりそうです。
どうぞ、お散歩にいらしてください。

ハクモクレン

2018/03/23


3月23日(金)
古民家のハクモクレンが満開になりました。
1日1日季節がどんどん進んで行くようで、昨日と今日では草花の様子がずいぶん違います。
今の美しさを目にも心にも焼き付けておきたい日々です。

「竹の鳥笛」つくりへのお誘い

2018/03/22

とりぶえみつまた
イベントのお知らせです。

日時:3月25日(日) 9:30集合~12:00
場所:小谷戸の里 古民家前庭
費用:500円

「竹の鳥笛」「竹しゃもじ」「竹べら」「竹箸」の中から2種類を選んで作ります。
ピーピーとかわいい音の鳴る鳥笛と実用的なしゃもじ等の調理器具。
大人も子どもも楽しめる講習会です。
まだ若干名余裕がありますので、ご興味のある方は小谷戸の里にお電話ください。

古民家の前山も庭も、コブシの白、アンズの桃色、サンシュユの黄色、
そしてツバキやハクモクレンやミツマタ(写真)等の花々が満開でとってもきれいです。

小谷戸の里電話:045-824-0107

ホトケノザとヒメオドリコソウ

2018/03/22

仏の座
3月22日(木)
昨日(春分の日)は、時ならぬ大雪となりました。
横浜市内でも有数の豪雪地帯である(!?)舞岡公園小谷戸の里は積雪5cmを記録。
「春なのに真冬」でした。
今日は午後から一足飛びに春復活です。

写真は、道端や田畑でよく見られるよく似た植物。
左はシソ科のホトケノザ(仏の座)です。北海道以外の日本中に広く分布。
半円形の葉が茎を抱くように取り囲んでいる様子を蓮華座に見立てて名づけられたそうです。
段々になって花が付くので三界草ともいわれています。
「春の七草」のホトケノザとは別物で、こちらは食べられません。

右はヒメオドリコソウ(姫踊子草)。
ヨーロッパ原産の外来種です。繁殖力が強いため、
舞岡公園では在来種保護のために除草の対象になっております。

ヤマエンゴサク

2018/03/20

ヤマエンゴサク
3月20日(火)
横浜市でも異例の早さでの「サクラ開花宣言」がありましたが、
舞岡公園のばらの丸の丘でもソメイヨシノがぽつぽつと咲き始めました。
しかし、今日は冷たい雨降りです。

写真は、小谷戸の里の「ヤマエンゴサク(山延胡索)」。ケシ科の多年草です。
変わった名前は、中国名(漢方薬名)延胡索の日本語読みから来ているそうです。
ある種のチョウの幼虫の好物で、芽は出るもののなかなか開花まで行かず
毎年大切に見守っています。

菜の花とキクザキイチゲ

2018/03/18

なのはなto
3月18日(日)
穏やかに晴れた気持ちの良い一日。
「初めて舞岡公園に来ました。」と事務所に立ち寄られた方が何組も。
畑作業や雑木林の植樹体験にご参加くださりありがとうございました。

写真左は、お馴染みの菜の花。体験畑の園路沿いに畑ボランティアさんが種を蒔いてくださいました。
右は、キクザキイチゲ(菊咲一華)。キンポウゲ科ですが菊の花に似ていること、一本に一輪の花を咲かせることから
名前が付けられたそうです。薄紫の可憐な花です。