FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

キツネノカミソリ

2018/07/31

きつねのかみそり
7月31日(火)
キツネノカミソリという曰くあり気な名前の花が咲きました。
早春に葉を茂らせて球根を太らせた後、葉を落とし、見た目には何もなくなります。
そして、8月のお盆前後に花茎を伸ばして花を咲かせます。ヒガンバナと似ています。
今年は、季節の進み方が早いですが、まだ7月なの開花とは…!!
キツネノカミソリ(狐の剃刀)の名は、葉の形に由来するそうです。
早速、花の中にミツバチが飛び込んでいました。

ヒマワリ

2018/07/29

ひまわり
7月29日(日)
異例の動きをとった台風12号が去り、谷戸には夏の日差しが戻ってきました。
台風の置き土産のおかげで猛烈に蒸し暑い一日でしたが、昨日延期になった田んぼも含めて
今日は、7グループの草取りやネットかけ作業、炊き出しが行われました。
事務所では、氷入りの麦茶や保冷剤をたくさん用意しております。
体験畑では、夏の象徴のようなヒマワリが元気に咲いています。
このヒマワリ、南舞岡小学校の1年生が入学早々の4月に訪れ、種を蒔いてくれたものです。
毎年の恒例行事になっていて、今年の種は、昨年の1年生が育てたヒマワリから取りました。
ヒマワリの下方では、一緒に種まきをしたコスモスが出番を待っています。

カブトムシ

2018/07/28

カブトムシ
7月28日(土)
台風12号の影響で朝から不安定な天気でしたが、午前中は陽が出る瞬間もあって、
田んぼでは草取りも行われました。

カブトムシが出現しました!左のオスは、足洗い場のコンクリート壁で踏ん張っていました。
右のメスは園路上にたたずんでいたので、木に移しました。
土から出てきたばかりなのか、まだぼーっとしている感じ。
樹液をたくさん吸って元気に飛び回ってほしいものです。

ヤマユリ2

2018/07/26

やまゆり
7月26日(木)
昨日までの暑さから一変、最高気温28℃の今日は、随分と涼しく感じます。
これで雨が降れば、植物も喜ぶのですが…。
今年のヤマユリは、開花前に虫に食われて何本も倒されてしまいましたが、
満開の時期を迎えてみると、雑木林の斜面や田んぼに面した土手で多くの花が見られます。
よくぞ、負けずに咲いてくれた・・・とうれしい限りです。

クサギの花

2018/07/25

クサギの花
7月25日(水)
今、小谷戸の里で芳香を感じたら、きっと近くにはヤマユリかクサギの花が咲いています。
草刈り作業などで幹や葉にうっかり触ると、「しまった・・・!」と思うほどの独特の匂いがあるので
クサギ(臭木)の名。自然観察に来ていた小学生は、「納豆のにおいだ!」と言っていました。
しかし、花は甘い香りを漂わせ、アゲハチョウやスズメがの大好物です。
秋に成る実の独特の色合いも存在感があります。

イネの花

2018/07/24

稲の花
7月24日(火)
昨日よりは気温が下がる…との予報でしたが、
昨日に引き続き、今日も小谷戸の里の温度計が34℃に達しました。
田んぼに水を送る水路が涸れ、田んぼの地割れが目立ち、心配です。
しかし!早生種の田んぼでは、早くも稲穂が出そろい、イネの花が咲きました。
白いかわいらしい花が満開です。

夏休み竹細工

2018/07/22

竹細工
7月22日(日)
古民家前庭で『夏休み竹細工~水鉄砲、竹のけん玉つくりと遊び~」イベントが行われました。
夏休み最初の日曜日とあって、34名の親子が参加。
農芸部会のスタッフのリードのもとで竹細工に取り組みました。
日頃は使う機会のない小刀や竹ナタ、竹のこぎりに、最初のうちは子どもたちはもちろん保護者の方も
「危ない~~」「気を付けて~~」と不安気でしたが、だんだんに慣れ、みんな上手に仕上げていました。
完成後は、暑さを吹き飛ばすほどの楽しさで遊んでいました。
〈参加者の声〉
 ・セミの声を聞きながら、親子で素晴らしいひとときを過ごしました。
  のこぎりも小刀も学校では使わせてもらえないのでとてもいい経験でした。
  先生方がとても親切で優しくてユーモアがあって、普段なかなか父親含む男の人と遊んでもらっていないので
  それも楽しかったです。
 ・多くのスタッフを配置していただき、子ども連れなので安心できると共に、待ち時間も短く子どもも飽きずに楽しめました。

子ども谷戸教室 ネットかけ

2018/07/21

こども谷戸ネット
7月21日(土)
こども谷戸教室の田んぼ作業がありました。
こども谷戸教室は、1年間田んぼを中心とした農作業を体験するとともに身近な里山の自然に親しむ
小学1年生から3年生の活動です。
今年度は13家族15人の子どもたちが参加しています。
今日の作業は「ネットかけ」。スズメから大切な稲穂を守るために田んぼをネットで覆います。
前半は、お父さんたちに活躍していただいて、ネットを支える杭打ちを、
後半は親子総出で協力してネットをかけ、麻ひもで結んだりセイタカアワダチソウの茎を利用したペグでネットの
裾を止めたりしました。
暑さの中でしたが、みんな頑張っていました。

大賀ハス

2018/07/20

オオガハス
7月20日(金)
今年も大賀ハスがきれいに咲きました。直径20cm以上の大輪。
2000年以上前の地層から発見された花托の中の種が発芽し、増えた『古代ハス』です。
谷戸では以前、1枚の田んぼの一角で育てていたそうですが、どんどん増えて隣のたんぼにまで進出したとか。
流石に強い生命力です。
今は、限定エリア内で育てています。

トモエソウ

2018/07/18

ともえそう
7月18日(水)
昨日が休館日だったので知らずにいましたが、小谷戸池のオオガハスが開花しました!
しかし、写真を撮りに行ったときはすでに遅く、閉じていました・・・。
後日、開花した花をアップしたいと思います。

写真はトモエソウ。
花弁が巴型のゆがんだ形が名前の由来です。
花もかわいらしいのですが、実がまたかわいらしいので探してみてください。