FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

秋の七草

2018/09/30

秋の七草画像
9月30日(日)
台風24号が迫っているけれども、まだ静かな(嵐の前の静けさ・・・)谷戸。
朝の雨で稲刈りや脱穀が延期になったグループもありましたが、谷戸学校の皆さんは無事に脱穀を終えられたようです。

「萩」「尾花(ススキ)」「桔梗」「撫子」「女郎花」「葛」「藤袴」
「秋の七草」・・・といっても花の時期はまちまちで、右上のキキョウと左下のナデシコは夏の写真です。
右下のフジバカマはまだつぼみ。
でも、谷戸では七草全てを見ることができます。

明日、10月1日(月)は、小谷戸の里は休館日です。

自然観察会4回目

2018/09/28

観察会
9月28日(金)
秋の長雨の最中で貴重な秋晴れの一日。
保育園や学校の稲刈り、ウォーキンググループの散策等で小谷戸の里も谷戸田も大賑わいでした。
小谷戸の里では、南舞岡小学校4年生の自然観察会第4回目が行われました。
今回のテーマは、「木の実や草の実を観察しよう」。
ワークシートを片手に歩くと、小谷戸の里の中だけでも沢山の実を見つけることができます。
全体を見渡した後は、植物一つ一つをじっくりと観察して、子孫を残すための実や種の色や形の特徴を調べました。
「べたべたしているから、くっつくね。」「きれいな色は鳥にも目立つ。」「小さくて軽いから風に飛ぶね」等々、
多くの発見をして、それを上手にまとめて発表していました。

生き物を見る視点がまた一つ増えてくれたらうれしいです。

イヌショウマ

2018/09/25


9月25日(火)
イヌショウマの花が咲き始めました。
花茎を長く伸ばして、その先に白いほわほわの小さな花をたくさん咲かせます。
サラシナショウマ(食用)に似ていて非なるもの・・・の非(イナ)から転訛してイヌショウマと
なったようです。
小谷戸の里や園路沿いなど、あちらこちらで楽しむことができます。

竹細工「花器作り」

2018/09/24

t竹細工
9月24日(月)
昨日、古民家前庭では農芸イベント「竹細工・花器作り」が行われました。
10組がご参加。花器の形を選び、スタッフの支援のもと、熱心に取り組んでいました。
皆さん、素敵な作品が仕上がってよかったですね。
〈参加者の声〉
 ・なかなか竹にふれる機会がなく、その竹を使って花籠が作れたことがとても嬉しく、丁寧にご指導していただき感謝しています。
 ・何回も失敗しましたが、楽しく編めました。
 ・初めて体験しましたが、とても丁寧に教えていただき楽しくできました。
 ・自分で作った物は、とても満足感がある。
 ・外での製作は、とても開放的で気持ちよかった。丁寧に、教えてくださりありがとうございました。

お月見会報告

2018/09/23


9月23日(日)
昨夜は、中秋の名月の十三夜。芋名月、豆名月、栗名月ともよばれる日でした。
古民家では恒例の「お月見会」イベントが行われました。
応募して下さった市民60名が参加。
丁度上がってきた美しい月を愛でながら
舞岡公園産の餅米や野菜で作った心づくしのお料理や梅ジュース・麦茶(梅も麦も舞岡公園産です)を
楽しんでいただきました。
途中では、5歳以上のお子さんたちの餅つきや4歳以下のお子さんたちの「お月見くんな」(かつては、
各地で行われていたお月見の行事で、お供えをしている家で子供がお団子などのおやつをいただいた)も
行い、終始、和やかに賑やかに行われました。
お飾りの周りの絵灯篭は、参加のお子さんたちが描いてくださったものです。
日本の伝統行事を皆さんと一緒に楽しむことができて素敵な夜になりました。

お月見会

2018/09/22

お月見会
9月22日(土)
今日は、中秋の名月 十三夜。
中秋の名月は、秋分の日前後の満月を十五夜の月、その2日前を十三夜の月といって愛でられてきました。
十三夜の月は、豊作を祝って「豆名月」「栗名月」と言うそうです。
今夜、小谷戸の里では、恒例のイベント「お月見会」が行われます。
少し天気が心配ですが、予定通り開催いたします
お申し込み下さった皆様、お持ちしております。

また、本日より案山子まつり人気投票が始まりました。
投票用紙と投票箱は小谷戸の里事務所前に設置しておりますので、ぜひ、ご参加ください。

ヒガンバナ

2018/09/19

ひがんばな
9月19日(水)
ヒガンバナが咲き始めました。
暑かったり乾いていたりあるい大雨の後だったりしても、その時期になると必ず咲き始めます。
しかも、あちらこちらで一斉に・・・。自然の不思議さを感じます。
枝も葉も節もない花の茎が突然地上に現れ、先端に咲く真っ赤な花。
美しいですが、全草に毒があり、田の畦に多く咲くのは、害獣や虫除けに植えられたのではないかと
言われています。
別名の曼珠沙華は仏教用語。
吉兆なのか不吉なのか分かりませんが、秋を知らせる花であることは確かです。

案山子が出そろいました!

2018/09/17

案山子揃った
9月17日(月)
三連休の三日目。陽射しが出て暑くなりました。
田んぼでは放課後キッズクラブの子どもたちが賑やかに稲刈りを、
小谷戸広場ではボランティアさんが案山子つくりの最後の追い込みを、
古民家の庭では家族で竹トンボや駒遊びを、楽しんでいました。

田んぼの案山子作りは、今日が締切日。今年は27体の個性的な力作がそろいました。
人気投票は9月22日からです。是非、見に来てください。
また、園内は今、赤紫色の萩やクズの花、白いヒヨドリバナ、黄色いキンミズヒキなど、彩鮮やかです。
ガマズミやマユミの実も色づき始めました。

小谷戸の里は明日(9月18日)は休館日です。

スズメバチの巣

2018/09/16

すずめばち
9月16日(日)
せっかくの三連休ですが、どうもはっきりしない天気の中、昨日は1グループ、今日は2グループの稲刈り。
稲刈りこそは、秋晴れの空の下で行いたいところですが、昨日は、みなさん合羽を着ての作業でした。

ゆっくりと主園路を歩くと興味深いものに出会えます。
上の写真は、夏の盛りに発見されたスズメバチの巣。
園内で発見されたものは、横浜市依頼の専門業者が取りに来るのですが、この巣はあまりにも高木の上なので
取り除くことができませんでした。
こんなに大きな巣を1~2か月で作りあげる働き蜂の働きに感服です。
*スズメバチはまだ活動中だと思われます。
  来園の際は、白っぽい服装で、香水のような匂いの強いものは付けない。
  また、遭遇した際はあわてず騒がずそっと立ち去る・・・をよろしくお願いいたします。
下の写真は、「こんなところにパンが落ちてる!?」と思いきやどうもキノコのようです。
直径10cmを超えるものが最大で、小さいものもいくつか出ていました。

タコノアシとコシロネ

2018/09/14

タコノアシ
9月14日(金)
朝から一日中雨降りで、小谷戸の里を訪れる方はほとんどいませんでした・・・。
田んぼのイネはよく実って頭を垂れ、稲刈りの時を待っていますが、
古民家前庭にもスタッフが火鉢に植えた数束のイネが実っています。稲穂の重さで倒れないように結わかれて。
イネと一緒に大きく育ったのは、タコノアシです。
今、白い小さな花をたくさん咲かせていて、上から見ると吸盤の付いた蛸の足を下から見るのに似ています。(写真右上)
晩秋になると全体が紅葉して、まるでゆで蛸のようになるのも見ものです。
かつては、河口域や水田などの湿地に普通に見られたそうですが、環境の変化で減少し、
2007年レッドデータで準絶滅危惧種(NT)に指定されています。
ついで・・・と言っては植物に失礼かもしれませんが、右下の写真は、コシロネ。
こちらも湿地の植物ですが、なかなか増えないので、古民家のミニ湿地で大事に増やしています。
今、小さな花の見頃です。