FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

稲刈り

2018/10/14

稲刈り
10月14日(日)
今日、4つの田んぼで稲刈りが行われ、谷戸田の稲刈りは、無事に全て終了いたしました。
収穫は、やはりうれしいものです。
田植え後、天候に恵まれ順調に生育した稲ですが、
盛夏の猛暑と少雨、9月の長雨と台風の影響には心配させられました。
でも、作柄はよいのではないでしょうか。
ボランティアの皆様、お疲れさまでした。


ホトトギス4種

2018/10/13

ほととぎす
10月13日(土)
曇り空ながら心配された雨は降らず、幼稚園・保育園等の稲刈りや脱穀作業が無事に行えました。
幼稚園や保育園の皆さんが、保護者の方も交えて実に賑やかに楽しそうに作業している姿が
印象的でした。
写真は、小谷戸の里で見ることのできるホトトギス。
左上と右上は、多分、在来種のホトトギス。右上の白花の名はよく分かりません。
左下は、タイワンホトトギス。外来種ですが、聞くところによると、こちらは希少種なのだそうです。
舞岡公園では、増えすぎないように気を付けています。
そして、右下は、ヤマホトトギス。
実は、ヤマホトトギス以外は、咲き方に違いがあるものの花の様子がよく似ているため、
在来種と外来種の区別がつけにくいです。

ヤクシソウ

2018/10/12

ヤクシソウ
10月12日(金)
今日は、みなとみらい地区の真ん中に今年開校した「みなとみらい本町小学校」の3年生が古民家見学に訪れました。
自宅や学校の周りとはずいぶん違う舞岡公園の環境にわくわくしている様子が伝わってきました。
古民家や水車を中心とした昔のくらしの学習だけでなく、
生きものや里山の環境を守るための舞岡公園の取り組みを知り、
生物多様性についても3年生なりに受け止めてくれたように感じました。

古民家の庭でヤクシソウが咲きました。(写真左)日光が大好きで、晴れた日の午前中はわっと咲きます。
秋の七草の最後を飾って、フジバカマも開花しました!

古民家見学

2018/10/10

kominんかけんがく
10月10日(水)
秋晴れの遠足日和の一日。
社会科の学習で日下小学校と下和泉小学校の3年生が古民家見学にやって来ました。
小谷戸の里の古民家はおよそ100年前につくられたもので、元は、現在の戸塚区品濃町にありました。
小谷戸の里に移築されて二十数年。主屋と納屋が横浜市の歴史的建造物に指定されています。
竈に薪をくべて燻蒸する昔懐かしい香りの中で、ボランティアさんのわら細工の腕前に感心したり
縁側で昔遊びをしたり、水車小屋で水車ボランティアさんから水車がお仕事をする仕組みの説明を受けたりして
楽しそうに過ごしていました。

ツクバトリカブト

2018/10/09


10月9日(火)
ツクバトリカブトの花が咲きました。
トリカブトの名は、花の形が平安時代の貴族の装束「烏帽子」に似ているからとか
雅楽の舞に用いる鳳凰の頭を模った冠に似ているからなど、諸説あるそうです。
美しい色で目をひきますが、花にも茎にも葉にも毒があるので、摘まずに見て楽しんでください。

稲刈り体験イベント

2018/10/07

稲刈り

続きを読む

ヤマガラ

2018/10/06


10月6日(土)
夏の暑さが戻ったような一日。4つの田んぼで稲刈りがありました。
その中の一つ、親子自然教室の田んぼでは、4・5歳の子どもたちが保護者の方と一緒に活動。
稲刈りよりも泥遊びの方が楽しかったお子さんもいたようですが、それも含めての「自然教室」ですね。

田んぼ周辺で見られる野鳥が増えてきました。
小谷戸の里入口近くのエゴノキでは、ヤマガラがしきりと実を突いています。
エゴノキの実には毒があって他の鳥は食べないので、ヤマガラの専用レストランです。
近くの木に巻き付いていたカラスウリも、色付いたな・・・と思っていた矢先、もう、誰かに突かれた跡がありました。

明日は、田んぼで体験稲刈りが行われます。
申し込まれた皆様、冷たい飲み物や帽子等、十分な暑さ対策をしておいでください。

キツリフネとオオアオイトトンボ

2018/10/04

きつりふね
10月4日(木)
小学校の全校遠足が2校重なり、小谷戸広場は賑やかでした。
でも、朝の古民家裏は静かで生き物たちものんびりしています。
左は、キツリフネ。ツリフネソウに似ていて黄色いから・・・と分かりやすい命名です。
ぶら下がって咲く様がとてもかわいらしいのですが、種子がホウセンカのように弾けて飛び散るので
広がり過ぎないように気を付けています。
右は、オオアオイトトンボ。
キツリフネのそばのミズヒキソウでくつろいでいました。

ホトトギス

2018/10/03


10月3日(水)
今日の小谷戸の里は、南舞岡小学校5年生の田んぼの稲刈り、東品濃小学校3年生の古民家見学に
保育園の遠足も加わり、一日賑やかでした。
田んぼの土手にホトトギスの花が咲きました。
先日ヤマホトトギスをアップしましたが、こちらは所謂、ホトトギス。
ホトトギスには交配種も多く日本ではヤマホトトギスやタイワンホトトギスを含めて13種類が確認されているそうですが
そのうち10種類は日本固有種。 
日本列島を中心に分布していることから日本が原産であると推定されるそうです。
それにしても美しい色合いとおしゃれな水玉模様。離れているところからもぱっと目に入ります。

台風一過

2018/10/02


10月2日(火)
関東地方にも暴風を吹かせた台風24号が去り、さわやかな秋晴れの一日になりました。
谷戸にも台風の大きな影響が。
稲をかけるための稲架が全て倒されてしまいました。
昨日は、小谷戸の里休館日だったため、田んぼ部会の指導員さんが急きょ集まり、午前中いっぱいかけて
立て直してくださったそうです。
また、よく育っていた里芋や大豆の畑にも被害があり、今日は、畑部会の指導員さんが補修にあたっていました。
案山子たちもいくつかは倒れましたが、今日午後までには応急処置ができました。
田んぼのネットがめくれたり、草花が倒れたりはしていますが、
散策には支障がないと思われますのでいらしてください。