FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

カマキリ三種の卵

2019/01/30

かまきりたまご
1月30日(水)
公園内のあちらこちらで冬越しするカマキリの卵を発見。
泡のような「卵しょう」が、中にある200~300個の卵を寒さや敵から守っています。
左は、「オオカマキリ」。体長8cm前後の大型。
中央は、「ハラビロカマキリ」。木の上での生活を好む中型種。
右は、「コカマキリ」か「チョウセンカマキリ」。草地や林などで見られる小型種。
オオカマキリの卵は、草刈りの際に刈られて小谷戸の里に来ています。
暖かくなると一斉に孵化するのが楽しみです。

フクジュソウ(福寿草)

2019/01/29

ふくじゅそう
1月29日(火)
ポカポカ陽気の小谷戸の里は今日も朝から古民家見学の小学生で賑わいました。
日限山小学校と東戸塚小学校の3年生。
舞岡公園から比較的近い学校なので、「何度も来たことあるよ!」という子と「初めてきた!」という子が混在。
どの子も興味津々で見学していました。

古民家裏庭ではフクジュソウが見頃を迎えつつあります。
花びらをパラボラアンテナ状に広げて日光ををはね返している姿がかわいらしいですよ。

わら細工と定例観察会

2019/01/28

わら細工
1月27日(日)
小春日和の小谷戸の里では、わら細工「鶴・亀作り」と定例自然観察会が行われました。
例年のわら細工は、古民家前庭で実施していましたが、今回は古民家の座敷にシートとホットカーペットを敷いて
行いました。事前申し込みの方だけでなく、散策の途中でポスターを見て参加してくださった方もいらっしゃいました。
定例自然観察会は、月に一度行っています。今回のテーマは、「冬の谷戸」。
植物の冬芽や葉痕、昆虫の蛹など寒く乾燥している厳しい冬を乗り越える生き物の姿を観察していました。
〈わら細工の感想〉
 ・予想以上にかわいくできた!
 ・初めてわら細工をしましたが、「こうなっているんだ!」と発見もあり楽しかったです。
 ・指導員の方が大勢いて困ることなく作業できました。
 ・形のいいものができました。お正月にもう一度作りたいです。

クロジとアオジ

2019/01/25

あおじとくろじ
1月25日(金)
朝にはちらほらと白いものが舞う寒い小谷戸の里でしたが、下野庭小学校の3年生が片道50分かけて
徒歩で見学に訪れました。
学校でメダカ池を作る計画があるそうで、その学習と、古民家の見学を元気いっぱいしていました。

早朝、クロジ(写真左)に出会いました。
アオジ(写真右)と比べると確かに黒い。このクロジはメスで、オスはもっと灰黒色なのだそうです。
警戒心が強く、すぐに藪の中に逃げ込んでしまうので観察しにくい鳥だそうですが、
舞岡公園では皆さんがやさしく見守るので逃げずに写真に納まってくれました。

日限山小学校餅つき

2019/01/24

日限餅つき
1月24日(木)
今日も小谷戸の里は子ども達の賑やかな声でいっぱいでした。
近隣の日限山小学校の5年生が、総合的な学習の時間に取組んできた米作りを中心とした学習の一環として
餅つきをしました。
保護者の方もたくさん来園され、和気あいあいと楽しそうに活動していました。

午前中には、こちらも近隣の舞岡小学校の3年生が古民家と水車の見学に来園しました。

ロウバイと白梅

2019/01/23


1月23日(水)
陽射しに恵まれ、ぽかぽかと春のような陽気になった小谷戸の里。
300人を超える小学3年生が社会科の学習で古民家と水車の見学をし、賑わいました。
田んぼ周辺では、いつも真っ先に花をつける梅の木が次々と開花(まだたくさんの蕾があります)。
そして、こちらも開花の早い上屋(あずまや)近くのロウバイも芳香をただよわせています。

クイナ

2019/01/22


1月22日(火)
野鳥の集まる湿地で「クイ!クイ!」と高い鳴き声。
クイナです。
半夜行性ということで昼間は茂みの中でじっとしていることが多いそうで、写真は、早朝に撮りました。

わら細工「鶴・亀作り」のお知らせ

2019/01/18

鶴亀
1月18日(金)
こちらは、舞岡公園小谷戸の里内の売店「舞・小谷戸屋」の人気商品です。
わら細工用に青田刈り(米を実らせずに早く収穫する)した「実取らず稲」のわらを使って
熟練のボランティアさんが手作りした「鶴」と「亀」。
来週、手作り講習会があります。
〈わら亀〉
  日 時:1月27日(日)9:30~12:00
  費 用:500円
〈わら鶴〉
  日 時:1月27日(日)13:00~15:00
  費 用:400円

どちらか一方でも両方でも参加できます。
ご興味がありましたら小谷戸の里にお電話ください。  045(824)0107

アリスイ

2019/01/18

アリスイ
1月18日(金)
舞岡公園に野鳥の写真を撮りに来られる方々に人気の鳥の中の一種、アリスイ。
のんびり日向ぼっこ・・・のように見えますが、地面を突いては上を向き・・・をせわしなく繰り返していました。
餌の虫を探していたのでしょうか。
アリスイにはアリの穴に入るくらいの赤い長い舌があって、時々ヒュルッと出すとか。
そんな瞬間を今日も朝から多くのカメラが狙っていました。
常連の方によると、ここ数年、見られる野鳥の個体数が減っているそうです。
異常気象の影響で冬鳥たちの飛来と餌になる生きものの出現時期がずれているからでは・・・とのことです。

古民家見学・水車見学

2019/01/17

南舞岡3年
1月17日(木)
舞岡公園のお隣にある南舞岡小学校の3年生が古民家見学に訪れました。
1年生の時から慣れ親しんでいる舞岡公園ですが、学習となるとまた別で、「これは、何ですか」「何に使いますか」
「火箸はありますか」等々、興味津々で学習していました。
後半は、総合的な学習で「津久井大豆」をテーマに一年間取組んだまとめとして、収穫した大豆を石臼で製粉。
水車ボランティアさんの協力のもと、全員で石臼を回して黄な粉を作りました。
挽きたて黄な粉の良い香りと甘みに大満足の様子でした。