FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

田んぼのトンボ

2019/08/31


8月31日(土)
初夏から今までずっと、田んぼは多くのトンボで賑わっています。
主に見ることのできる種類は時期によって異なり、近頃はヤンマがよく飛んでいます。
田んぼにはスズメから米を守るためにネットが張られていて、これがトンボには大迷惑。
オニヤンマ(写真中)もギンヤンマ(写真右)もネットの隙間から勢いよく飛び込んだ後、出ることができません。
写真のトンボたちは畦に近かったので、通りかかったボランティアさんに救い出され、無事に飛んでいきました。
しかし、うまく逃げられないと、ナガコガネグモの餌食になったりします。(写真左)

ミズオオバコ

2019/08/30


8月30日(金)
稲穂が実り始めた田んぼできれいな花を咲かせている水生植物。
上:ミズオオバコ     下:オモダカ
ミズオオバコは、かつては田んぼの代表的な雑草でしたが、田んぼ環境の変化で激減しているそうです。
舞岡公園の田んぼでは保護していて、少しずつ増えています。
今、薄桃色の花がいくつかの田んぼで見られます。
オモダカは、繁殖力の強い田の草の代表。
田植え後に何度も草取りをしたにもかかわらず取りこぼしたものが真っ白い花をたくさん咲かせています。
花はかわいいのですが・・・。

ガガイモの花

2019/08/28

ががいも
8月28日(水)
今年もガガイモの花が沢山咲いています。
カメラのピントが合っていないのではないかと思わせるほど細かい毛が密生。
人間には感じ取れませんが香りがよいのか蜜が美味しいのか小さな虫がたくさん集まっています。
根にイモは無いのですが、実の形が名前の由来のようです。
ユニークな形の実と種、今年は見られるかもしれません。

昨日ブログ掲載したスズメバチの巣は今朝、無事に専門業者の方が撤去しました。
直径40㎝位だったそうです。
残っているハチがいるかもしれないので30日(金)まで付近を通行止めにしております。
ご了承ください。

スズメバチの巣

2019/08/27

スズメバチの巣
8月27日(火)
今年もスズメバチの心配をする時期になりました。
今日、サッカーボール位の大きさの巣を発見。
来園者の多い公園ですので、早速専門の業者に駆除の依頼をしました。
巣がなくなった後も一週間ほどは巣の近くを飛ぶことがあるので付近の園路は通行止めになっています。
ご来園の際は、案内板をご確認ください。
また、スズメバチは黒っぽい色や甘い匂い好みます。
散策の際は、白っぽい帽子や服を着用し、香水等(香りの強い柔軟仕上げ剤も含む)は付けないよう
お願い致します。

ナンバンギセル

2019/08/26

ナンバンギセル
8月26日(月)
ナンバンギセルが咲きました!
2週間ほど前に数本出たのですが、暑さと乾燥のためかひょろひょろと元気がなく、開花せずに姿を消していました。
ここ数日、気温が少し下がって雨も降ったのでぞくぞくと出てきています。
寄生植物で、古民家裏ではミョウガの下、田んぼのそばではススキの下で見られます。
パイプを立てたような花の形。うまく名前を付けたものです。

ポップコーン収穫体験

2019/08/25

収穫体験
8月25日(日)
昨夜の雨が上がり、暑いけれど気持ちのよい一日。
蝉しぐれ降る小谷戸の里は、田んぼ作業や炊き出しや案山子作りのボランティアさんたちで賑わいました。

畑では、ポップコーンの収穫体験を行いました。
5月に蒔いた種からすくすく育ったとうもろこしを、30人近くの参加者が丁寧に収穫しました。
お仕事の後は、炒り立てのポップコーンの試食。
「とても美味しい」と子ども達が喜んで頬張っていました。
今日収穫したコーンは、11月23日の収穫祭や来年5月のこども谷戸まつり「ポップコーン弾かせ体験」で
提供いたします。

蝉しぐれ!

2019/08/22


8月22日(木)
短い(!?)夏を惜しむように、連日、文字通り降るような蝉しぐれ。
舞岡公園で見られる(声が聞こえる)蝉は全部で6種類います。
ニイニイゼミ・ヒグラシ・クマゼミ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・ツクツクホウシ。
(詳細は舞の里だより8月号をご覧ください)
樹木が高いので成虫本体を見ることは意外と少ないのですが、抜け殻はそこここにどっさりあります。
その中から、「いいところで羽化した」場面をご紹介します。

田んぼにて

2019/08/21


8月21日(水)
稲穂が実りつつある田んぼで繰り広げられる生きもののドラマです。
左上:イネの葉につかまって脱皮するカマキリ。
下:スズメ除けネットの上で餌のになる生きものを待つカマキリ。オオカマキリでしょうか、チョウセンカマキリでしょうか。
右上:ギンヤンマ…スズメ除けネットに引っかかって動けなくなってしまったようです。
            生きているうちに発見出来たら助けられたのに…。

オオガハス

2019/08/20

オオガハス
8月20日(火)
オオガハス(大賀ハス)の花が咲きました。
千葉県の遺跡の2000年以上前の土中から見つかった古代ハスの種が発芽・開花し、広まったものです。
長い年月生き延びられただけあって相当強い生命力。
舞岡公園では一時期田んぼ一枚を埋め尽くすほど増えたそうですが、
増えすぎても困るということで、今は年に数輪が花を咲かせています。
蕾がふくらむのを楽しみにしていたのですが、昨日(休館日)に咲いてしまい、今日はもう実が・・・。

わら草履作りイベント

2019/08/18


8月18日(日)
農芸イベント「わら草履作り」を行いました。
19人がご参加下さり、初めてのわら細工を楽しまれました。
<参加者の声>
 ・なかなかわらで草履を作るという機会がないので、作り方が分かってよかったです。昔の人の知恵は素晴らしいと
  思いました。
 ・楽しく体験できた。親切に丁寧に教えていただきありがとうございました。
 ・苦戦しながらも完成したことで達成感を味わうことができました。子ども達も大満足です。
 ・熱中してしまい時間を忘れるほど充実していた。