FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

青い実

2020/06/30

青い実
6月30日(火)
春先に花を楽しんだ樹木が結実しています。
写真左はキブシ。
花がかんざしのようでしたが、実もたくさん連なっています。髪に飾ったらちょっと重そう。
写真右はハナイカダ。
花は雄花の写真ですが、雌花の方は葉の上に一つずつ青い実ができました。
この後は、色の変化に注目です。

スズメバチの巣

2020/06/28

スズメバチの巣
6月28日(日)
朝から本格的な雨降りの中、4つの田んぼグループが田の草取り作業を行いました。
田植えから2~3週間が経ち、既に少しずつコナギが繁茂しつつありあります。
全身ずぶ濡れでの作業、本当にお疲れさまでした。
一方、午後から陽射しが出た古民家の庭でスズメバチの巣を発見。
作業中に飛んでいた蜂を追ったところ、何と消火栓内のホースの横で巣を作っていたそうです。
巣の形状から「キイロスズメバチ」ではないかとのことですが、いったい、いつどこから侵入したのか不思議です。
それにしても正六角形の敷きつめ模様、美しいです。

ムラサキニガナ・クサレダマ

2020/06/27

ヤマニガナ・クサレダマ
6月27日(土)
梅雨の少し重苦しい空気の中に彩りを添える初夏の花々です。
左は雑木林の中腹に咲いているムラサキニガナ。
右は、田んぼ横の土手に咲いているクサレダマ。
どちらも手入れされた雑木林や田んぼという環境の減少とともに少なくなっている植物です。
舞岡公園では大切に保全し、数を増やしています。

初夏の花畑

2020/06/22

オカトラノオ
6月22日(月)
梅雨寒の一日でしたが、園路沿いに初夏の花が咲いています。
尻尾のように白い花穂をしならせているのはオカトラノオ。
花弁のひねり具合を巴形(卍)に見立てた黄色いトモエソウ。
ピンク色は、果実がゴマに似ているけれど食べられないイヌゴマ。
気温が上昇するとどんどん元気になる花々ですが、今でも十分楽しめます。

カルガモ親子の近況

2020/06/21

かるがも
6月21日(日)
朝方の雨で横浜市にも大雨洪水警報が出たため、
残念ながらボランティア活動が中止となってしまいました。
梅雨らしい気候の中で、ネムノキやクサレダマやオカトラノオなど、季節の花が一斉に開花しています。
気になるのは、カルガモ親子の動向。
写真上は昨日の様子。写真下は、今日の様子。
休憩するときは、子ガモが密集したり親ガモのお腹の下にすっぽり入ったりしています。
子ガモ9羽、みんな元気です!

アジサイ(紫陽花)

2020/06/20

紫陽花
6月20日(土)
鎌倉の名刹…ほどではありませんが、舞岡公園の中にも紫陽花がたくさん咲いています。
カタカナ名前の新種は有りませんが、それぞれが美しく七変化。
好みの一株を探してみてはいかがでしょうか。

ハンゲショウの花

2020/06/19

半夏生
6月19日(金)
梅雨らしい雨降りの一日でした。
古民家裏庭でハンゲショウの花が咲きました。
名の由来は、暦の上で半夏生(ハンゲショウ)のころに咲くからとか、
半分化粧をしたような葉の様子からとか、諸説あるそうです。
成長途中は緑色のふつうの葉だったのに、数日前から一部の葉の表面だけが白くなりました。

半夏生(ハンゲショウ)とは、夏至から11日目頃を言い、今年は7月1日~5日頃だそうです。
ちなみに今年の夏至(1年で一番昼の時間が長い日)は6月21日(日)。
暦よりも少し早い開花です。

カルガモ親子

2020/06/16


6月16日(火)
田んぼに集うたくさんの生き物の中で、現在人気№1は、カルガモの親子。
14日(日)、地域の住宅地内に現れたものを横浜市からの依頼で保護し、池に放しました。
親鳥と9羽のコガモです。
少しづつ田んぼの方へ移動してきていて、
今日は、畦を乗り越えたり水田の中の水草や虫をついばんだりする愛らしい姿が見られました。
無事に育ってほしいです。

トンボの羽化

2020/06/14

アキアカネ
6月14日(日)
霧雨の降る梅雨らしい朝。
田んぼの畦を通るとそこここから黄色がかった色味のトンボが飛び立ちました。
今朝、一斉に(?)アキアカネが羽化をした様子。
よく見ると、今まさに蛹から出ようとしているトンボや飛び立つ準備をしているトンボもいました。
胸の熱くなる光景でした。


ヤマホタルブクロ

2020/06/13

ヤマホタルブクロ
6月13日(土)
前掲のホタルブクロに対して、こちらは「ヤマホタルブクロ」。
花はそっくりですが、萼片の形状で見分けがつきます。
舞岡公園内にはホタルブクロの方が沢山咲いています。
ごつごつした萼片を見つけたら「ヤマホタルブクロ」かも…。

Appendix

最新記事

検索フォーム