FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ウワミズザクラ紅葉

2020/10/30

ウワミズザクラ紅葉
10月30日(金)
数日暖かい日が続きましたが、また、気温が下がってくるとか。
秋が深まると、気になるのは紅葉です。
今、きれいに色付いているのは、柿や桜の木の葉。
そして、小谷戸の里入り口のウワミズザクラがほんのりと赤く染まっています。

もみじ休憩所のカエデの紅葉は、例年、11月中旬ごろからが見頃です。

キチジョウソウ

2020/10/27

キチジョウソウk
10月27日(火)
ヤブランに似た細い葉の下に赤紫色の小さな花が咲き始めました。
キチジョウソウ(吉祥草)です。
吉事があると開花すると言われている、おめでたい名前の花。
今年は、ずいぶんたくさん咲きそうす。
せめて、この先に吉事がたくさん待っていますように!!

ナギナタコウジュ

2020/10/24

ナギナタコウジュ
10月24日(土)
ナギナタコウジュの花が咲き始めました。
茎の先端の花が片側にだけついているように見える様子がなぎなた(薙刀)にたとえられています。
たいへん香りが強く、花の時期は芳香ですが、
不思議なことに実が熟して枯れ始めると悪臭に…。(感じ方は人によって違いますが)
谷戸の園路際を薄紫色に彩っています。

キセキレイ

2020/10/23

キセキレイ
10月23日(金)
池の端のネムノキに止まってしきりと尾羽を振る鳥はキセキレイ。
胸から腹にかけた明るい黄色が目印です。
公園内では、セグロセキレイやハクセキレイも見ることができます。
近年増えてきたハクセキレイに縄張りを追われて、キセキレイとセグロセキレイは少し数を減らしているそうです。
キセキレイは留鳥ですが、木々の葉が落ちて少なくなってきたので見つけやすくなりました。

コスモス満開です

2020/10/21

コスモス
10月21日(水)
秋晴れの気持ちのよい一日でした。
体験畑のコスモスが、満開です!
例年は、南舞岡小学校の1年生が、4月にコスモスとヒマワリの種をまきに来てくれるのですが、今年はコロナ禍で叶わず、
ボランティアさんが種を蒔いたり茎が倒れないように結わえたりと手入れをしてくださいました。
今、見事に咲き、秋風に揺れています!

脱穀作業

2020/10/18


10月18日(日)
昨日の冷たい雨が上がり、今日は絶好の(…とまではいかないまでも)農作業日和に。
田んぼや広場では、100人余りのボランティアさんが稲刈りや脱穀作業に取り組みました。
籾と細かい藁くずを分ける唐箕は、昭和初期の木造品がまだ現役。
子ども達がまわすと、賑やかな音が響いていました。

ヤマハッカ

2020/10/17

ヤマハッカ
10月17日(土)
季節が一足飛びに初冬に入ったかのような寒い一日。
雨の中にも関わらず、脱穀作業や「舞の里だより」の折込み作業ご参加くださったボランティアさんに感謝です。

青紫色の小さな唇形の花をたくさん咲かせているのは、ヤマハッカ(山薄荷)。
薄荷の香りはほとんどしませんが、色合いが何ともさわやか。
花の形や色がよく似ているアキノタムラソウからバトンを受継ぎ、
今、園路際を彩っています。

クロコノマチョウ

2020/10/16

クロコノマチョウ
10月16日(金)
「イネにきれいな色の蛹が付いていましたよ」
稲穂の取入れをしていたスタッフが持ってきたのは…クロコノマチョウの蛹でした。
成虫は枯葉色の地味なチョウ。
幼虫は、何とも言えない可愛らしい顔をしています。
アシ(写真)やヨシ、ジュズダマやイネにいます!

ツクバトリカブト

2020/10/14

ツクバトリカブト
10月14日(水)
穏やかな秋の一日。
家族やグループで多くの方が散策に来られました。
「風が気持ちよい」
「野草の写真を撮っていますが、ここにはいろいろな植物があって楽しい」などの声をかけていただきました。

ツクバトリカブトの花が咲き始めました。
花の形が舞楽に使う冠に似ているので「カブト」。なるほど、うまく付けられています。


ヤクシソウ

2020/10/13

ヤクシソウ
10月13日(火)
ヤクシソウの花が咲き始めました!
小さな花ですが、わっとたくさん咲くので周囲を明るく照らします。
今年は、例年にも増してあちらこちらで芽を出してよく育っているので、これからが楽しみです。
ヤクシソウ(薬師草)の名の由来は、葉の形が薬師如来の光背に似ているからとか、
かつて民間薬として使われていた等、諸説あるそうです。

Appendix

最新記事

検索フォーム