FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

赤い実

2020/11/29

赤い実
11月29日(日)
公園内あちらこちらで赤い実が豊作です。
左上:ヤブコウジ(十両)  右上:センリョウ(千両)
左下:マンリョウ(万両)   右下:マユミ
いかにも美味しそうな色つや。小鳥たちが食べに来てくれるのを待っています。

モクズガニ

2020/11/28

モクズガニ
11月28日(土)
先日、池の外来種防除用の網に入っていたモクズガニ。
もう少し小振りのものは時々見かけますが、今回は大きなカニでした。
淡水で育ち産卵のために海に出るそうです。
海で取れる近縁種のチュウゴクモクズガニは、上海ガニとして中華料理の人気食材です。
モクズガニは日本の湖沼にたくさんいたそうですが、農薬等の影響で数を減らしているとか。
無農薬で稲や野菜を育てている舞岡公園の池で安心して増えて欲しいものです。

自然観察会11月

2020/11/27

自然観察会
11月27日(金)
近隣の小学校4年生の自然観察会を行いました。
例年、季節ごとに数回実施している観察会ですが、今年は今回が初めて。
春・夏の様子と比較できないのが残念ですが、
子どもたちはいろいろな植物の種や実を探して園内を探検しました。
「鳥が食べる」「風に運ばれる」「動物や人にくっつく」など、
自らは移動できない植物が子孫を残すために駆使している技を発見し、驚いたり感心したりしていました。

外来種防除活動

2020/11/21

外来種防除
11月21日(土)
先日、小谷戸池の外来種防除活動を行いました。
池の水を抜いて水位を落とし、スタッフが自家製の網ですくい取りました。
写真左下は、ウシガエルのオタマジャクシ。およそ250匹。
写真右下は、アメリカザリガニ。およそ40匹。
その他、多数のカダヤシ(小魚)が獲れました。
公園では、日頃より在来生物の保護に努めていますが、
外来種侵入のスピードはたいへん速く、防除が追い付かない現状があります。

古民家の見学

2020/11/18

古民家見学
11月18日(水)
小谷戸の里に小学生の元気な声があふれました。
社会科の学習で昔の人の生活を調べに訪れたこども達。
先人の知恵に感心したり昔遊びを楽しんだり水車が回る様子に歓声を上げたり。
小春日和の一日を先生や舞岡公園のボランティアさんと一緒にのんびりと楽しんでいました。

紅葉情報②

2020/11/17

紅葉情報②
11月17日(火)
舞岡公園のモミジの紅葉が彩を増してきました!
写真上は、今朝のもみじ休憩所。
下は、水車小屋横のモミジです。黄緑色から黄色、そして赤へのグラデーションが美しいです。

わら細工「鍋敷き作り」

2020/11/15

鍋敷き作り
11月15日(日)
穏やかな小春日和の日曜日。
古民家の庭で久しぶりの農芸イベントを行いました。わら細工「鍋敷き作り」です。
5組12名の方がご参加くださり、最近テレビドラマの中でも目にすることの多い藁の丸い鍋敷きを作りました。

<参加者の声>
  ・普段できない体験を子どもとできて、楽しかったです。
  ・初めて藁を編み、鍋敷きを作ったので親子で楽しめました。
  ・細かなところまで丁寧に教えていただけました。
  ・楽しかったです。このくらいの人数が丁度良い。
  ・なわないはとても難しいですね。コロナの中、外で楽しむことができてよかったです。

ご参加いただきありがとうございました。

紅葉情報①

2020/11/11

紅葉情報1
11月11日(水)
紅葉の様子のお問い合わせが増えてきました。
写真は、今朝のもみじ休憩所(上)とばらの丸の丘(下)です。
モミジの紅葉はまだ葉先。今週末から気温が下がる予報なので、これから色付きが増すのではないでしょうか。
今は、ケヤキ・エノキ・コナラやヤマノイモなどの蔓植物の黄葉がきれいです!

ゲンノショウコ

2020/11/10

ゲンノショウコ
11月10日(火)
古民家裏庭でゲンノショウコの実がたくさん弾けていました。
古くから薬草として用いられ、その効き目から「現の証拠」(間違いなくすぐに効く)と名付けられたそうです。
ユニークなのは、実の形と種の飛ばし方。
ロウソクのような実の形(右下)から「ロウソクグサ」と呼ばれたり
実が裂けて種を放り投げるように飛ばした後の鞘の形から「ミコシグサ」(おみこしの屋根)と呼ばれたりしているそうです。

餅つき!

2020/11/08

餅つき
11月8日(日)
ペッタン ペッタン…餅つきの音が、久しぶりに小谷戸の里に響きました!
田植えから稲刈り・脱穀まで、米作りを体験してきたボランティアの皆さん。
舞岡公園産のもち米と野菜で作った餅と谷戸鍋(具だくさんの味噌汁)に舌鼓。
笑顔が広がりました。
コロナ禍で制約がある中での活動でしたが、衛生面には十分に配慮して楽しい会食ができました。

Appendix

最新記事

検索フォーム