FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

キンカン(金柑)

2021/01/31

キンカン
1月31日(日)
陽当たりのよい南斜面にキンカンの木が数本あります。
あまり手をかけられないので小さな実ですが、今年も生りました!
野鳥のご馳走分は残しつつ少し収穫して、「舞・小谷戸屋」で来園者にご提供しました。

霜柱・草霜

2021/01/30

霜柱
1月30日(土)
数日振りに気温が氷点下になった朝、田んぼの草一面が霜でおおわれていました。
そして、地面からはにょきにょきと霜柱が。
その長さは7cmほどもありました!
日中陽射しが暖かかった谷戸ですが、日陰の霜柱は終日融けませんでした。

朝靄

2021/01/29

朝靄
1月29日(金)
快晴の朝、昨日と一昨日の雨で十分に湿り気を帯びた田んぼから水蒸気が上がり、
靄(靄)がかかりました。
朝日が反射して何とも幻想的な風景でした。

ヒクイナ

2021/01/28

ヒクイナ
1月28日(木)
天気予報通りにだんだん気温が下がり、午後は雪になりました。
写真は、先週湿地にいたヒクイナ(緋水鶏)。
前回アップした時にはあっという間に隠れてしまいましたが、
この日はゆっくりと何やらついばんでいました。
顔や胸の毛の赤っぽい色や虹彩の濃赤色がよく分かります。
田んぼや湿地の減少に伴って数が減っているそうです。

キチジョウソウの実

2021/01/27

キチジョウソウの花と実
1月27日(水)
秋に薄紫色のかわいい花(写真右)をたくさん咲かせていたキチジョウソウに
実(写真左)ができていました。
マンリョウやセンリョウの実の赤とは一味違う深みのある紅い実です。
花が咲くと縁起が良いと言われているキチジョウソウ(吉祥草)ですが、
実が成るとはますます吉報の前触れでしょうか。(そうだと良いのですが・・・)

フクジュソウ開花

2021/01/22

フクジュソウ
1月22日(金)
大寒を過ぎ、一年中で最も寒い時期がやってきましたが、
日の当たる日中はぽかぽかと暖かい小谷戸の里です。
古民家裏山のフクジュソウが数日前から開花しています。
まだまだほんの数輪ですが、枯れた斜面にそこだけ灯りがともったようです。

コガモ

2021/01/21

子ガモ
1月21日(木)
半分凍った小谷戸池にコガモが6羽。
しばらくじっと動かないので凍りついているかと思ったら
並んで泳ぎ出しました。
時々遊びに来ています。

自然観察会(小学校1月)

2021/01/20

南舞岡小
1月20日(水)
南舞岡小学校4年生の自然観察会を行いました。
今日のテーマは、「特定外来生物」
かながわ鳥獣被害対策センターの方が小学校の方で授業をされた後、
舞岡公園で生き物の痕跡を探しました。
写真右上は、クリハラリスがツバキの木の幹をかじった跡。
写真左下は、池のほとりについていたアライグマかハクビシンの足跡。
その他、リスの巣やアライグマの爪痕なども見つけました。
「舞岡公園には何度も来ているけど、こんなに動物の痕跡があるとは思いませんでした。」
子どもたちの感想です。
新しい視点が開ける学習でした。

ロウバイ

2021/01/17

ろうばい
1月17日(日)
ロウバイ(蝋梅)の花が見頃になりました。
古民家の庭、田んぼの土手、かっぱ池のほとりなどあちらこちらで芳香を漂わせています。

クロジ

2021/01/16

クロジ
1月16日(土)
季節外れのぽかぽか陽気とまるで春一番のような強い南風・・・
真冬の構えの生き物たちは戸惑っているのではないでしょうか。

雑木林を抜ける小道にクロジが出てきました。
舞岡公園には冬に訪れる漂鳥です。
食べているのは何の実でしょうか。
クロジは神奈川県ではレッドリストに指定されているそうです。

Appendix

最新記事

検索フォーム