FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

キランソウ

2021/03/30

キランソウ
3月30日(火)
キランソウの大きな株に紫色の花が沢山咲いていました。
茎を横に伸ばして丸く広がる様子が蓋に見えるところから「ジゴクノカマノフタ」の別名もあります。
薬効がいろいろあるそうで、「イシャイラズ」とも呼ばれているそうです。

竹細工「竹のけん玉・箸・しゃもじ」

2021/03/28

竹細工けん玉
3月28日(日)
古民家の庭で竹細工イベントを行いました。
まずは、竹のけん玉作り。
竹のこぎりでザクザクと竹を切り、小刀で削ります。
親子で協力して楽しそうに仕上げていました。
続いて箸、ヘラ、スプーン、靴ベラなどの中からお好みのものを選んで製作。
途中で雨が降り出し、軒下での活動となりましたが、皆さん最後まで楽しんでいました。
〈参加者の声〉
 ・親子でとても楽しめました。息子(小1)が、のこぎりや小刀の使い方を知り、上手に使うことができました。
 ・自然あふれる古民家で昔ながらの遊びや工作を手厚く丁寧に教えていただき子どもたちもとても喜んでいました。
 ・小3の息子と参加しましたが、のこぎりや小刀の使い方を丁寧に教えていただきました。自分で納得のいく作品ができたようで満足気でした。

桜情報②

2021/03/27

桜3月27日
3月27日(土)
写真は今朝の桜の様子です。
上は「ばらの丸の丘」のソメイヨシノやヤマザクラ。
下は田んぼ土手のオオシマザクラ。
青空に映えて美しく咲き誇っています。

桜情報

2021/03/23

サクラ
3月23日(火)
「公園の桜はどのくらい咲いていますか?」
問い合わせのお電話をいただくことが多くなりました。
ヤマザクラやオオシマザクラは大分咲いてきました。
ソメイヨシノは満開の木もあればようやく三分咲きぐらいの木もあります。
公園内にはこの三種類の桜の木がたくさんあるので、今からしばらくの間は楽しめそうです。
写真は、オオシマザクラの花とヤナギの芽吹き。
そして、田んぼの中にはカルガモが3羽いました。

アミガサダケ

2021/03/21

アミガサダケ
3月21日(日)
アミガサダケが顔を出しました。
卵型の頭部が蜂の巣のよう窪んでいて編み笠のようです。
一応食用とされているそうですが、似ているものもあるのでご注意を。

ヤマエンゴサク

2021/03/20

ヤマエンゴサク
3月20日(土)
今日は春分の日。
小谷戸の里ではヤマエンゴサクの花が開きました。
烏帽子(えぼし)のような細長い形と美しい青色が特徴です。
4月に入ってから開花することが多いのですが、
昨年に続き春のお彼岸に合わせて開花しました。
この速さ、地球温暖化の影響かと思うと素直に喜んではいられないような・・・。

コブシ

2021/03/19

コブシ
3月19日(金)
ぽかぽか陽気が続き、一昨日には横浜でも異例の速さで桜の開花宣言がありました。
舞岡公園の桜もヤマザクラ、オオシマザクラ、そして、ソメイヨシノも開き始めています。
桜に先がけて満開になったのは、コブシの花。
今年は、ここ数年の中では一番多くの花が咲き、見事です。
舞岡公園は、コブシの里になっております。

カメノコテントウ

2021/03/17

カメノコテントウ
3月17日(水)
5月初旬ぐらいの陽気の中、ネット修理をしてくださっていたボランティアさんが、
「ハート形の模様がありますよ!」と事務所につれてきてきてくれたのは、大きなテントウムシ。
体長は1cmを超えています。名は、カメノコテントウ。
日本で最も大きなテントウムシだそうです。
ハート形にも見える模様は赤色亀甲紋。
クルミにつくクルミハムシという甲虫の幼虫を食べるそうです。

アオゲラ

2021/03/16

アオゲラ
3月16日(火)
人の気配を感じてふわりと舞い上がった大きな鳥。
枝の間から見えたのは、暗緑色の羽、腹の黒い模様、とがった嘴と頭の赤い帽子。
アオゲラ(緑啄木鳥)でした。
木をつつくのは、えさの虫取りや巣作りの他、求愛や縄張り主張の場合もあるそうです。

アリスイ

2021/03/14

アリスイ
3月14日(日)
今日、湿地で注目を集めていたアリスイ。
低いところにいますが、キツツキの仲間です。
長い舌を出して地面のアリを絡めとる様子からアリスイ(蟻吸)の名がついたそうです。
舞岡公園には越冬のために飛来し、暖かくなると北海道や東北北部に行って繁殖。
間もなく飛び立つのかもしれません。
それにしても、一冬、舞岡公園を訪れる方たちに温かく見守られてきたからでしょうか。
園路のすぐそばでのんびり過ごしていました。

Appendix

最新記事

検索フォーム