FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

自然観察会

2021/06/23

観察会②
6月23日(水)
近隣の南舞岡小学校は、舞岡公園をフィールドに年間5回の自然観察会を行っています。
今日は、その2回目。田んぼの生きものを観察しました。
朝は、生きもの採取を楽しみにしている子の中に「泥に触るのはちょっと・・・」という顔が混じっていましたが、
活動するうちに夢中な顔に。
田んぼは、多くの多様な生きものが生息する豊かな場所であることと、
舞岡公園では無農薬・手作業でお米を育て、多様な生き物を守っていることを感じ取ってくれたようです。

オオミズアオ幼虫

2021/06/22

オオミズアオ幼虫
6月22日(火)
古民家の裏庭に大きな糞が落ちていました。
見上げるとエメラルドグリーンに輝く大きな幼虫。
ヤママユガ「オオミズアオ」の幼虫です。
終齢虫でしょうか、終日、シナマンサクの葉を食べ続けていました。
その名の通りの大きな水色の羽を広げた成虫が見られるでしょうか。

田の草取り

2021/06/20

田の草取り
6月20日(日)
田植えが終わって3週間ほどたった田んぼでは、苗がしっかり根付き青々とした葉を伸ばしています。
今日はその田んぼにたくさんのボランティアさんが入って田の草取りをしていました。
気候の影響か、今年は例年以上に田の草コナギが繁茂し始めています。
腰をかがめながら一本一本抜くのはきつい仕事ですが、
大人も子どもも秋の豊作を夢見て頑張っていました。
それにしても、毎年のように活動に参加してくれている子どもたちが立派な戦力になっていて、
成長ぶりに感動です!

ジャコウアゲハ

2021/06/19

ジャコウアゲハ
6月19日(土)
例年よりは遅れての梅雨入りでしたが、ようやくこの時期らしい天気が続くようになりました。
ウマノスズクサの蔓が伸び始めるとやってくるのはジャコウアゲハ。
葉の裏をそっとのぞくと、独特の柄のある黒色の幼虫が休んでいました。
ウマノスズクサはジャコウアゲハの幼虫のえさです。鳥が苦手とする有毒成分を含んでいます。
幼虫の時にこの葉を食べることで体内に毒素を貯めるので、成虫になっても鳥に襲われることがないそうです。

オカトラノオ

2021/06/15

オカトラノオ
6月15日(火)
園路沿いのあちらこちらでオカトラノオの花が見ごろになっています。
特に、小谷戸の里に近い雑木林の斜面には、数年ぶりにたくさんの花が咲きました。
名の由来は、垂れ下がって咲く花のシルエットを虎の尾に見立てたそうです。
何とも優美な曲線です。

ハンゲショウ

2021/06/13

ハンゲショウ
6月13日(日)
今日も田んぼは田植えや田の草取りに励む多くのボランティアさんで賑わいました。
あと一枚を残し、ほとんどの田んぼで無事に田植えが終わっています。

古民家の裏庭でハンゲショウの花が咲き始めました。
ハンゲショウの葉は、数日前まできれいな緑色でしたが、
開花に合わせて花に近い葉が白く変色します。
まるで化粧をしているようなので半化粧。
また、夏至から数えて11日目の半夏生の頃に咲きだすので、その名がついたとも言われています。
今年の半夏生は7月2日から。
通常よりも大分早い開花です。

コバノカモメヅル

2021/06/12

コバノカモメヅル
6月12日(土)
昨日掲載のオオカモメヅルに続いて、今日はコバノカモメヅルの花。
開花はまだ先(例年7月に入ってから確認)かと思いきや、
既にたくさん咲いている場所がありました。
オオカモメヅルよりもさらに星型(ヒトデ型とも言われている)。
こちらも対生の葉が羽を広げたように見えます。

オオカモメヅル

2021/06/11

オオカモメヅル
6月11日(金)
気候の影響でしょうか、今年は植物の成長が早く、つる植物もとても元気です。
オオカモメヅルもぐんぐん蔓を伸ばし、小さな星型の花をたくさん咲かせています。
花の大きさに比べると葉が大きく、対生する様子が飛ぶカモメの姿に似ているというのが
名前の由来だそうです。
似ているつる植物に「コバノカモメヅル」がありますが、こちらの開花はもう少し先になりそうです。

アジサイ

2021/06/09

アジサイ
6月9日(水)
梅雨入りしないうちに夏が来てしまったかのような暑い日になりました。
小谷戸の里のアジサイは今が見頃です。
葉の細いヤマアジサイにガクアジサイも合わせて数種類が古民家周りを彩っています。

田植え

2021/06/06

田植え
6月6日(日)
梅雨入りしたかのような空の下で、今日も8グループの代かき、田植え、田の草取り作業が行われました。
就学前の子どもたちが多い田んぼでは、指導員さんが苗の持ち方や植え方、足跡の消し方等を丁寧に指導。
ゆっくりと植え進んでいました。

Appendix

最新記事

検索フォーム