〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

日本固有種

2017/04/11


福寿草の次に咲くアマナ。 チュウリップの原種とか。確かに葉っぱの質感は中リップ。
種は沢山落ちているのが、その種が地上に一葉を出すまで、地中でどのくらいの期間を
要するかは分からない。
一葉が出てから花が咲くまでは3年以上かかるようだ。

一人じゃないのよ!

2017/04/11


 
あったあった!  あれ~!ここには沢山いる!  と 歓声!
そうなんです。ここには至る所に大勢が顔を出し、本当に賑やかです。
毎年「ヒトリシズカ」を楽しみに来られる方は多い。
ヒトリシズカに限らず在来の希少種は、小さくて分かりにくい種が多い。それ故に益々減少してしまうことに。

青空をバックに木にヤマハンノキの花が咲きました

2017/04/11



ついつい観察を忘れてしまい、雄花雌花どちらも見たことがなかった。今回も既に雄花は散ってしまい
雌花だけを見ることができた。
この葉は、ミドリシジミは食べないのかな? 

随分サービスして

2017/04/11

アリスイ51108 015-m
もうそろそろ渡の季節です。 今期は随分大勢の皆さんにたっぷりのサービスですね!
毎年どこかでは確認されるのですが、今年の様に長期間観察できたのは、久しぶりでした。
キツツキの仲間なのに、木はコンコンしない鳥です。
他にはアトリが群れで確認されました。ノスリもまだいるようで。

子孫繁栄お疲れ様

2017/02/26


日に日に春めく谷戸は、カエルの産卵期。立春前に沢山産卵の年も有りましたが、ここ数年はほぼ立春後の雨後です。
今冬はあまり雨が降らず、産卵に適した水量が無い場所も有り、泥落とし場にまで生んでいました。
もうすぐ水を落とすのであちこちに引っ越しです。
この写真のヤマアカガエルは、産卵後山に戻ったところのようですが、お腹がペシャンコですっかりやせ細っています。
落ち葉掻きで驚ろいたかな?ごめんなさい!
既にオタマジャクシになったものも沢山ですが、もう少し雨が降らないと・・・・・。