〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

メギ

2018/04/14

メギ
4月14日(日)
今日は、午前中に古民家で親子自然教室とこども谷戸学校の説明会があり、
多くの親子が来園されました。5月から始まる田んぼの活動が楽しみです。
また、5月3日の茶摘み体験イベントの申し込み開始日でしたが、
たくさんのご応募をいただき定員いっぱいとなりました。ありがとうございます。

写真は、メギ(目木)。今、淡黄色の小さな花がたくさん咲いています。
かつては、茎を煎じて洗眼薬にしたことから付いた名前です。
鋭い棘が枝に多いため、「コトリトマラズ」「ヨロイドオシ」の別名があります。
秋には、きれいな赤い実がなりますが、枝に止まれないためか、鳥たちにはあまり人気がありません。

カラタチ

2018/04/13

カラタチ
4月13日(金)
足元の小さな花々に気を取られながら歩いていたら、ふとよい香りが・・・。
目の前にカラタチが白い可憐な花を咲かせていました。
「♪カラタチの花が咲いたよ~♪白い白い花が咲いたよ~」思わず口ずさんでしまいました。
このカラタチ、長さ3cmにもなる鋭い棘が生えていて、手入れの際には気を使います。
自分が刺されないようにするのもそうですが、来園者の方が踏むことのないように
剪定の時に一枝も落とさないよう気を付けています。
この棘を利用してかつては生垣に使われていたそうですが、今、住宅地にはほとんど見られません。
でも舞岡公園では活用しています。

古民家のこいのぼりが新品になりました!

ハナイカダ(花筏)

2018/04/11

ハナイカダ
4月11日(水)
天気予報は曇りでしたが、晴れ間が出たかと思うと急に雨が降るという変なお天気でした。
せっかく来てくださった「ネット繕い」ボランティアさん(田んぼネットのほころびを一枚一枚繕ってくださる)も、
活動ができずに解散となってしまいました。

ハナイカダが今満開です!・・・とはいっても、華やかさはありません。
葉の中央についている緑色のでっぱりが花。
左が雄株に咲くお花(一枚の葉に4~5こ)、右が雌株に咲くめ花(1枚の葉に1つ)。
なぜか、葉の葉脈と花の軸がゆ着してしまったようです。
め花の後には黒っぽい甘い実ができるそうなので楽しみです。
(甘い実は鳥の好物。昨年は一つも見つけられませんでした・・・)

フデリンドウ

2018/04/10

ブログ用ふでりんどう
4月10日(火) 
「♪緑の風に誘われて~ひらひらはためく吹き流し~♪」
思わず「こいのぼり」の歌の2番を口ずさみたくなるような穏やかな一日。
鯉のぼりもお行儀よく泳いでいました。

今日はフデリンドウ(筆竜胆)がきれいに開花していました。
花は、日光が当たっている時だけ開き、
曇天、雨天、朝、夕方は、筆先の形をした蕾状態になって閉じてしまいます。

わら細工~わら馬作り~のお知らせ

2018/04/08

わら馬講習
4月8日(日)
この時期らしいさわやかな一日。たくさんの方が散策に訪れています。

〈イベントのお知らせ〉
4月15日(日)9:30集合~12:00  わら細工~わら馬作り~  参加費500円

舞・小谷戸屋で人気のわら馬作り講習会。
今日は、来週の本番に備えて、農芸部会の皆さんがスタッフ事前研修会を行っていました。
ご興味のある方、小谷戸の里へお電話ください。 (045-824-0107)