FC2ブログ
〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町1764 TEL/FAX:045-824-0107
特定非営利活動法人 舞岡・やとひと未来(横浜市指定管理者)
<舞岡公園 小谷戸の里 公式ホームページ はこちら
 

Entries

ネムノキ

2020/07/03

ネミノキ
7月3日(金)
田んぼ沿いの小道がネムノキ街道になっています。
他の樹木よりも芽吹きが遅いため、春先に「枯れたのでは…?」と心配されるのですが、大丈夫!。
今年もピンク色の花をたくさん咲かせています。
「ネムノキの花の下で田の草取りをするボランティアさん」の姿が、舞岡公園の初夏の風景。
青々と勢いのある姿ですが、夜になると葉を閉じて眠っているように見えるのが名前の由来です。

七夕飾り

2020/07/01

七夕飾り
7月1日(水)
古民家の軒先に真竹を立てて飾りつけをしました。昔ながらの七夕飾りです。
梅雨空の下の紫陽花とよく合っています。
縁側に短冊を用意いたしましたので、願い事を書いて飾ってください!


そして、今日は暦の上では「半夏生」。
裏庭のハンゲショウの花もきれいです。

青い実

2020/06/30

青い実
6月30日(火)
春先に花を楽しんだ樹木が結実しています。
写真左はキブシ。
花がかんざしのようでしたが、実もたくさん連なっています。髪に飾ったらちょっと重そう。
写真右はハナイカダ。
花は雄花の写真ですが、雌花の方は葉の上に一つずつ青い実ができました。
この後は、色の変化に注目です。

スズメバチの巣

2020/06/28

スズメバチの巣
6月28日(日)
朝から本格的な雨降りの中、4つの田んぼグループが田の草取り作業を行いました。
田植えから2~3週間が経ち、既に少しずつコナギが繁茂しつつありあります。
全身ずぶ濡れでの作業、本当にお疲れさまでした。
一方、午後から陽射しが出た古民家の庭でスズメバチの巣を発見。
作業中に飛んでいた蜂を追ったところ、何と消火栓内のホースの横で巣を作っていたそうです。
巣の形状から「キイロスズメバチ」ではないかとのことですが、いったい、いつどこから侵入したのか不思議です。
それにしても正六角形の敷きつめ模様、美しいです。

ムラサキニガナ・クサレダマ

2020/06/27

ヤマニガナ・クサレダマ
6月27日(土)
梅雨の少し重苦しい空気の中に彩りを添える初夏の花々です。
左は雑木林の中腹に咲いているムラサキニガナ。
右は、田んぼ横の土手に咲いているクサレダマ。
どちらも手入れされた雑木林や田んぼという環境の減少とともに少なくなっている植物です。
舞岡公園では大切に保全し、数を増やしています。

Appendix

最新記事

検索フォーム